日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2012年12月
« 2012年11月 | メインページ | 2013年1月»

2012年12月30日

室生ダムは美女の楽園 !?

P2012_1228_122412 12/28(金)に美べら500kg放流。

 は~るよ来い、は~やく来い!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P2012_1228_122338 P2012_1228_122356

室生ダムの“美べら”美代ちゃんから、またまた放流の報告がありました。

今回も「これぞカワチベラ」という背っぱり型のヘラブナを育てることで知られる山口養魚場産です。

今回の500kg放流で計2トン。管理釣り場に入る魚よりも少し小ぶりですが、 ダムではまだまだ大きく育つので先が楽しみがいっぱいです。

「あのときの娘がこんなボインに~」と、尺半クラスに育ってから再会したいものです。

■2013年・春に室生ダムでエキサイティングなイベントを企画中!

今年の春は室生ダムへ4~5回行きましたが、春ならではの感動のシーンによく出くわしました。 自分自身は40cm上一枚という寂しい結果だったのですが、私の隣に座った人は本当によく釣っていましたよ。

だから「来春は自分の番だ」という思いもあるのですが、 春のエキサイティングな釣りを若手ヘラ師やビギナーにも体験してもらおうと、漁協管理人の平崎大介さんと一緒に新たなイベントを企画中です。

詳細は後日発表するのでお楽しみに!

ワクワクする春が待ち遠しいです。(事務局K)

19:22

2012年12月25日

働く金魚たち。

PC240001 アートアクアリウム展

 大阪・金魚の艶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PC240060

 

←世界一の金魚鉢。

1,000匹が泳いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス寒波にすっぽりと覆われた日本列島。皆さんは楽しいイブを過ごされたでしょうか?

事務局Kは自転車のパンクを修理し、マイカーの夏・冬タイヤ & オイル交換など、 年内に済ます雑用を一気に片付けて、夕方からアートアクアリウム展 大阪・金魚の艶』を見に心斎橋大丸へ出かけました。

20121224_185758 とても美しいアートでしたが、一生懸命働かされている金魚を見ると、 「ストレスを感じないのかな?」「こんなにギュウギュウに詰められて大丈夫?」「うちの金魚の方が幸せそうだぞ」 と思ってしまいました。

江戸時代から観賞魚として庶民に親しまれてきた金魚たち。 今はペットショップへ行けばさまざまな観賞魚が手に入りますが、やっぱり金魚を見ていると心が和みます。「金魚のどこがいいの?」 と聞かれると、やっぱり「雅」のひと言につきますかね。

思わず写真をいっぱい撮ってしまったのでアップしま~す。金魚ファンの皆さま、うっとりしてください。 (事務局K)

PC240023 PC240011 PC240002 PC240013 PC240004

 

PC240052 PC240054 PC240051 PC240024

PC240042 PC240041 PC240036

 PC240080

 

←こちらは金魚の万華鏡です。

 

 

 

PC240083 PC240079 PC240084 PC240081 PC240063

◎このアクアリウム展は来年1月21日(月)まで大丸心斎橋店イベントホール(北館14F)で開催しています。 12月24日は入るのに30分も並びました。

   ↓くわしくはこちらをクリック!

logo_museum

 

 

17:30

2012年12月24日

初冬のベランダ日記

PC230002a

 クリスマス寒波を前に

 金魚たちは冬支度完了!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PC230006a

やけに寒い今年の師走。冬将軍が頑張りすぎて、 ホワイトクリスマスになったところも多いのは?

いつも12月中旬の暖かい日に金魚水槽の大掃除をするのですが、 この冬はすでに12月上旬で水温が5℃を切った日もあり、金魚たちの動きは超スローになっています。半冬眠といったところでしょうか。

だから今年は12月に入ってからはほとんどエサをあげていません。水もそれほど汚れてないし、 金魚を動かしてストレスを与えるのが可哀そう・・・ということで水槽大掃除は中止にしました。フィルター回りだけをきれいにし、魚たちがゆっくり眠れるように半分ほど遮光して冬支度完了です。PC230008

水が温む3月上旬まで、

「そっと~、そっと~、おや~すみ~なさい~♪」です。

今年の春に孵った当歳魚はまだまだチビ助なので冬を越せるか心配ですが、 金魚たちにも体内時計があって、それを狂わせないようにしっかりと冬眠するのが彼らの本来のライフサイクルですからね。

太陽の光(紫外線)を適度に当てると殺菌効果もあり、『元気で長生き』 ということならやっぱり屋外飼育だと思います。

来春、当歳魚10匹が全員そろって弐歳魚になれますように!(事務局K) PC220032

 

鮒屋さんのダルマストーブです。室生ダムに来ると、時間が止まったように感じます。

11:40

2012年12月22日

みんなで放流!

PC220005 室生ダムにイベント収益金で

 美ベラ500kg放流!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PC220010本日の釣果は500kg!なんちゃて。

今日(12月22日)はツッチー&ヒカル君と冷たい雨が降る中、室生ダムへ出かけました。

一応、釣り道具は持って行きましたが、今日のメインは放流のお手伝いです。

現地で“室生のプリンス”アツシ君と合流し、いつもの若手メンバーが勢ぞろい。 「子どもたちには少し刺激が強いかな?」と思えるほどの美ベラが到着。 中にはボインでキュートなやつもいましたが、なんとか鼻血ブーはなく、500kg・約2,000匹が全員元気に放たれました。

今シーズンの室生ダムは4回の放流が予定されていて、 3回目の今回は今年行われたイベント収益金+個人の寄付(事務所に設置されている放流貯金箱)を元手にして魚を購入したそうです。 PC220027

ツッチー&アツシが中心になって10月に開催した『室生ダム・チャレンジカップHERA』 の収益金は85,000円も集まったそうで、その 全額が放流資金になりました。

『室生ダム巨べらダービー』や『新春大会』のエントリーフィーも合わせ、 釣り人の熱いマネーが釣り場の整備に使われています。

今回参加してくれた若手メンバーがオッサンになるころには、 人口の減少とともに釣り人も減少しているでしょう。「自分たちの釣り場は自分たちで守る」 ということが今以上に求められる時代がくると思うので、若手メンバーが放流の現場に立ち会ってくれたことはとてもうれしかったッス。

 PC220031

←イベントも盛りだくさんになってきた室生ダム。

 

<<<第1回室生ダムチャレンジカップHERA>>>

 

 


PC220022 美ベラにこだわる大ちゃん。

「室生のヘラブナはどの釣り場よりも美しい」と言われるように、室生ダムの漁協管理人・ 平崎大介さんは魚のプロポーションにこだわっています。「魚の大きさだけでなく、美しさを競う美ベラ・ユニバースをやりたいんです」 と今日もニタニタしながら新企画を練っていました。

今年は美ベラで知られる山口養魚場産1.5トンと、大和産500kgを放流。 昨年よりも放流量が2倍にUPし、魚はハイグレードです。PC220020

来年から年券が6,000円と少し値上がりしますが、 それを上回る先行投資なので来シーズンが楽しみです。

「美ベラに囲まれて仕事がしたい」なんていうスケベーな漁協管理人は釣り人にとっては大歓迎ですよね。

 


PC220013  野釣り場と管理釣り場の放流は少し違う。

 管理釣り場で1kgクラスを目の前でバンバン放流されると「こいつら、 いつ口を使うんだろう」とワクワクします。

でも、野釣り場の場合は「こいつら、どのくらいまで育つんだろう。2年後は40上かな?」とか 「カワウやブラックに食べられるなよ」などと少し親心が入ります。PC220030

放流活動が昔から大好きで、いろんな釣り場にいろんな魚を放流してきたけれど、 自分としてはやっぱり野釣り場の放流の方が好きかな。魚を放流していたら野釣り場も管理釣り場と言えるんだけど、 やっぱり魚が育つのを見るのは楽しみです。(事務局K)

 

23:49

2012年12月21日

野釣りダービー〆切り迫る!

IMGP0235a

 ネバギバ。

 最後まであきらめないでね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMGP0235本番に強いあの木戸裕二さんの熱いドヤ顔ショットが昨晩(20日)届きました。

ドンキー久保さんと一緒に、〆切り(12月25日)が迫る『NHC野釣りダービー (年間フォトトーナメント)』にチャレンジしてくれています。

最近はワカサギに浮気している誰かさんとは大違いですね。

でもね、今週末はラストチャンスに賭けて、事務局Kも関西の北海道・ 宇陀市の室生ダムへ50上狙いで出撃です。

IMGP024050上をリャンコで釣って、ツッチーの泣きっツラを見たいもんです。(笑)

最後の1秒まであきらめない男たち。2012年、最後に笑うのは誰でしょうか。


NHCへらぶなトーナメントの記録で争う『5フィッシュ・ダービー』『10フィッシュ・ダービー』 『ビッグフィッシュ・ダービー』はもう年内の大会がないため決着済みですが、12月26日(水)に『NHCへらぶなダービー全5部門』 の結果が出そろったところでWeb表彰式をホームページで行います。お楽しみください。

↓暫定成績です。

 ■NHC野釣りダービー・BIG-3ダービー  
   氏名(会員No.)  体長1位  体長2位  体長3位  TOTAL(cm)
 土屋直人(49)  50.8  45.5  45.0  141.3
 芝原明次(26)  45.6  45.1  44.9  135.6
 佐藤順一(80)  43.2  43.1  43.1  129.4
4  久保正博(35)  43.8  43.2  42.3  129.3
5  岸 裕之(66)  42.5  41.4  40.4  124.3

 

 ■NHC野釣りダービー・BIG-1ダービー  
   氏名(会員No.)  体長(cm)  釣り場  日時
 土屋直人(49)  50.8  旭川(岡山県)  8/3
 芝原明次(26)  45.6  旭川(岡山県)  7/24
 土屋直人(49)  45.5  山田ダム(和歌山県)  6/10
4  芝原明次(26)  45.1  旭川(岡山県)  7/24
5  土屋直人(49)  45.0  山田ダム(和歌山県)  6/17
6  芝原明次(26)  44.9  旭川(岡山県)  7/24
7  土屋直人(49)  44.0  室生ダム(奈良県)  4/3
8  久保正博(35)  43.8  鍔一ダム(兵庫県)  3/30
9  芝原明次(26)  43.4  布目ダム(奈良県)  6/9
10  土屋直人(49)  43.3  室生ダム(奈良県)  4/3
11  久保正博(35)  43.2  室生ダム(奈良県)  4/11
12  佐藤順一(80)  43.2  布目ダム(奈良県)  5/16
13  佐藤順一(80)  43.1  布目ダム(奈良県)  5/10
14  佐藤順一(80)  43.1  布目ダム(奈良県)  6/20
15  土屋直人(49)  43.0  室生ダム(奈良県)  4/11
16  藤原道明(20)  42.5  権現池(兵庫県)  4/25
17  岸 裕之(66)  42.5  旭川(岡山県)  8/3
18  佐藤順一(80)  42.4  布目ダム(奈良県)  5/25
19  芝原明次(26)  42.4  布目ダム(奈良県)  6/9
20  久保正博(35)  42.3  鍔一ダム(兵庫県)  8/5
21  岸 裕之(66)  41.4  室生ダム(奈良県)  4/24
22  佐藤順一(80)  41.4  布目ダム(奈良県)  5/16
23  岡村晃次(69)  41.3  遠賀川(福岡県)  3/17
24  久保正博(35)  41.2  室生ダム(奈良県)  4/24
25  小林忠雄(44)  41.1  柴山潟(石川県)  4/14
26  久保正博(35)  40.9  鍔一ダム(兵庫県)  3/30
27  久保正博(35)  40.5  鍔一ダム(兵庫県)  3/30
28  岸 裕之(66)  40.4  布目ダム(奈良県)  6/9
29  岸 裕之(66)  40.0  布目ダム(奈良県)  6/9
30  芝原明次(26)  39.6  布目ダム(奈良県)  6/9

<P.S>

↓燃える男、 木戸裕二さんからシビれる問い合わせがありました。

「あの~、野釣りダービーって、ミニマム賞あるんですか?」(by 木戸)

う~ん、やっぱり木戸くんは木戸くんでした。チャン、チャン。

木戸さんへ。「もちろんあるよ、NHCですから」(by NHC事務局)

11:24

2012年12月13日

寒くなるほどよく釣れる!

P1290019

 今週末はわかさぎ釣り大会。

 3ケタは釣りたいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「へらぶなクラブのホームページなのに、なんでワカサギ情報ばっかりUPされるの?」

とお思いの方もいるかもしれませんね。

NHCの今後の活動は、これまで通りに『NHCへらぶなトーナメント』 を軸にヘラブナ釣りイベントを開催していきますが、内水面の釣り全体を盛り上げていくという趣旨のもと、ワカサギやコアユ、モロコ、 ブラックバスなどを対象とした初心者でも楽しめるイベントを開催したり、ホームページでいろんな情報を発信していくことになりました。

そんな大それたことはできませんが、少しずついろんなことにチャレンジしていきたいと考えています。

現在の年齢別の人口推移や、レジャーの多様化を考えると、 釣りファンは間違いなくこの先も減っていくでしょう。特に内水面は釣り場環境の整備がより困難になると予想できます。

観光客を呼びたい自治体に『観光遊漁』を提案するにしても、 1魚種や1ジャンルの釣りではどうしてもインパクトが弱いですからね。ヘラブナ釣り・ブラックバス釣り・ワカサギ釣り・コアユ釣り・ ニジマス釣り・・・など同じ水域で楽しめる釣りをひっくるめて考えれば、まだまだ釣りは観光の目玉になります。

特にワカサギやコアユなどは、 釣りファンを増やすためのエントリーとして考えるならヘラブナやブラックバスより優秀なターゲットです。

内水面の釣り全体が活性化すれば、 きっとヘラブナ釣りにも好影響を及ぼしてくれるんじゃないかなと期待しています。


■12月16日(日) は布目ダムで関西初のわかさぎボート釣り大会

P1290048

ワカサギ釣りは東日本、北日本では人気の釣り対象魚ですが、西日本はそれほどでもありません。 ヘラブナ釣り以上に“西低東高”です。

そこで関西でももっとこの釣りが盛んになってくれたらいいな、 ということで毎年NHC野釣りオープンを開催している布目ダムで第1回わかさぎ釣り大会を開催することになりました。

最初は多くの方に参加してもらいたいので岸釣り部門も考えていましたが、 企画段階では釣況が芳しくなく、岸から釣れる場所が限られているのでボート釣り部門に限定にしました。

このダムは持ち込みボートOKだけれど、レンタルボートはなし。 だから参加者はそれほど集まっていないのですが、ギョーカイからの期待の大きさに驚きました。

PC130037 PC130039

参加者の皆さん、ステキな賞品がいっぱいなので頑張ってくださいね。優勝はこの冬注目の『釣武者・ 電動リールセット』です。なんとHAMKL泉さんからは美味しそうなワカサギをいただきました。

PC130040

■釣獲調査にご協力を!

それと今回の大会はワカサギの生息エリアを調べる釣獲調査を兼ねています。 どの場所でどのくらい釣れたかを漁協に報告することになっているので、リポート提出にご協力をお願いします。

■調子は上向きです!

寒さが厳しくなるに釣れて釣果が上がる布目ダムのワカサギ釣り。昨年、このダムで知り合いになった 「みさき爺さん」のブログにも100~300匹(岸釣り)ほど釣れているとうれしい情報がUPされていましたよ。

<<<みさき爺の釣り日記>>> 

ダムの情報は少ないので、このような情報源はうれしいですね。(サギ師K)

 

22:44

2012年12月11日

室生ダム放流第一弾完了!

P2012_1211_141735

 今年は放流量が2倍にUP!

 もう来年の春まで待てないよ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P2012_1211_142128 P2012_1211_141615

▲常連の皆さんも手伝っての放流作業。ヘラ界のプリンス篤志くんもご苦労さま!


いい方向へ向かっているぞ、室生ダム!

ナイスバディの美ベラが釣れることが売りの室生ダム。 体高があるポッテリとした尺半が上がる確率は関西トップクラスです。放流予算がなかなか捻出できない時期も、量より質にこだわって特上のカワチブナを放流してきました。

2008年から平崎大介さん(大ちゃん) が漁協管理人を務めてから毎シーズン訪れる釣り人は少しずつ増え、年券の売り上げはこの5年で1.5倍になったそうです。

『室生ダム巨ベラダービー』 『室生ダムチャレンジカップ』など、放流基金を目的としたイベントを開催し、かかり場を開拓し、ほぼ毎日釣果情報をネットで流し、 現状でできうることをすべてしてきたからこその集客UPといえるでしょう。

近隣の布目ダムや津風呂湖と比べると漁協の活動は活発ではありませんが、 漁協から管理を一任された大ちゃんの頑張りと、常連さんたちのサポートもあって毎年いい釣り場になってきています。

P2012_1211_141735

本日(12月11日)、先日の雪で延期になった分の放流第一弾が行われ、 フィッシングハウス鮒屋の美代ちゃんから写真が送られてきました。

山口養魚場のカワチブナ500kgです。思っていたよりサイズが大きく、アベレージは9寸。 美代ちゃんに負けず劣らずの美ベラだったと報告がありました。

今年は同養魚場のカワチブナが1.5トン、大和産の美ベラが500kgの計2トンを購入し、 その前にもいただきもののヘラブナが放流されています。昨年は約1トンだったので約2倍です。

今月22日にはチャレンジカップや巨ベラダービーなどのイベント収益や、 個人からの寄付などで購入した分の魚(山口養魚場産500kg)が放流予定です。

遊漁料収入が増えたといっても微々たるもので、今年はかなり無理をしての2トン放流だと聞きました。 その理由はまたの機会に漁協の方から発表があると思いますが、何はともあれこれから先が楽しみな室生ダムです。

P2012_1211_141115

 

『いい釣り場が釣り人を呼び、釣り人を育てる』

そう信じたいですね。

一人のレイクキーパーを釣り人が支え、どのように釣り場が変わっていくのか、とても興味があります。

室生ダムは日本経済よりもひと足先にデフレ・スパイラル脱却かな? 来年、 さらに釣り人が増えることを期待しています。(事務局K)


<P.S> 来年の春こそ、尺半!

img_20120412T003857578

今年の4月、すぐ隣で釣りをしていた今村 歩君が感動するぐらいきれいな尺半美べらを釣り上げました。

ツッチーも4月には40上を軽く2ケタ上げていたので (同じパンツを何日も履いて泊り込んでいましたけどね)、来春も室生へ通います!

 

17:24

2012年12月10日

室生ダム積雪15cm。ブルッ

P2012_1209_073711 “寒”を愉しむ。

 シビれる一枚の写真。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P2012_1209_073711

 

12月9日(日)は室生ダムの放流日だったのですが、ご覧の雪景色。放流は延期になりました。

土屋直人くんと放流の手伝いに行こうと言っていたのですが、 なんとこの日はウインターオープン関西シリーズの開幕戦とWブッキング。関西チャンプと1人しかいない運営スタッフが抜けるわけにはいかず、 放流リポートをフィッシングハウス鮒屋(漁協事務所)の美代ちゃんにお願いしました。

大会を終えて極寒の水藻FCから帰宅し、 お風呂から上がってPCを立ち上げると美代ちゃんからメールが届いていました。

「ごらんのとーり (*_*) 放流延期になりました。 雪が15cmほど積もりました」とのこと。

そして、一枚のシビれる写真が添付されていました。

こんな水墨画の世界で一枚釣ったら、涙が出るかもしれませんね。(事務局K)

01:27

2012年12月 7日

さぁ~開幕です、ウインターオープン

file_20111201T000213937

 この冬は3地区でシリーズ戦開催!

 HOTなプレゼントがいっぱいです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

file_20120127T140431656

 

 

←雪でもガンガン攻めるツッチー師匠。

(今年1月、岡山県旭川にて)

 

『NHCウインターオープン2013』のオープニングゲームは関東が12/8(土)・富里乃堰、 関西が12/9(日)・水藻フィッシングセンターです。

そして、開幕に合わせて、冬将軍もやって来ました。

恐る恐る天気予報を覗いてみると・・・

11

 日曜日の大阪に・・・雪マークが点灯です。らしくなってきましたね。(笑)

開幕戦から試練が待ち受けておりますが、ご心配なく!

今シーズンもたくさんのスポンサーから温か~いプレゼントが届いています。

あまりの寒さに尻込みしている方もおられるようなので、目玉景品を2つ紹介しま~す(ニンジンです)。

PC070002a

 

◎ハヤブサさんから『鬼掛へら ハイブリッドダウンスカート(NEWカラー)』を3枚いただきました。「北関東」 「南関東」「関西」シリーズで仲よく1着ずつです。

関西開幕戦の優勝賞品は究極の温かさを誇るこのスカートにします。

 

 

PC070005a◎がまかつさんからは『がまへら紬 8尺』を3本いただきました。 こちらも各シリーズ1本ずつです。やっぱり竿が賞品に出ると大会が熱くなりますからね。

この他にもたくさんの景品があるのでお楽しみに!

少しは出撃のモチベーションは高まったでしょうか?

冬の熱~いゲームを期待していま~す。(事務局K)

2012年 NHCトーナメント開催日程 ←NHCウインターオープン2013開催要項


 

■NHCへらぶなダービーは12月8・9日がラストチャンスです!

全国のNHCメンバーでさまざまな記録を競い合う企画『NHCへらぶなダービー』 は12月25日までが競技期間です。

ただ、残されているNHCトーナメントはウインターオープン南関東シリーズ第1戦(12/8)と、同・ 関西シリーズ第1戦(12/9)の2大会のみなので、トーナメントの記録を競い合う『“ビッグフィッシュ”ダービー』『“5フィッシュ” ダービー』『“10フィッシュ”ダービー』はこの週末がラストチャンス。参加者の皆さん、大どんでん返しのドラマを見せてくださいね。

13:17