日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2012年3月
« 2012年2月 | メインページ | 2012年4月»

2012年3月30日

大川で早出特打ち!?

出勤前に自宅前でヘラブナ釣り!

P3270010 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P3300004a ←今日の釣り座。 向こうに見えるのが毛馬閘門。

昨年はテナガエビ釣りを楽しんだ大川(旧淀川)。ここにはヘラブナもいるらしいけれど、 さっぱり情報はなし。自宅の前を流れるこの川でヘラブナ釣りを楽しむのは老後になってからかなと思っていましたが、 北九州のおかちん殿や岡山のコバさんに刺激を受け、ここのところ妙に気になる存在になってきました。

なので本日、「老後のプラクティス」 ということでいつもより2時間半ほど早起きし、自宅から少し上流の毛馬橋東詰めにある公園へ出かけました。 たくさんの方が初夏にコアユ釣りを楽しまれている毛馬閘門の護岸は「立入禁止」になっているのですが、 この公園の護岸にはそのカンバンもなく、自分なりに「釣りOK」と解釈しました。

P3300006 ←浚渫船がいっぱい(7時過ぎ)。

大川は河口から最初の水門が毛馬閘門になるので、潮の干満の影響をもろに受けます。 今日(3月30日)は小潮回りで朝7時36分満潮。潮位差が少なく、ある程度水位が高い時間帯を狙おうと6時ごろに現地に到着しました。でも、 見た目以上に流れが早く、しかも複雑。護岸のコーナーに釣り台を構えたのですが、 少し右側に振り込むと右へ流れ、左側へ振り込むと左側へと流れます。7時を過ぎると浚渫船が大川から淀川本流へ向かい、 水門が開く度にまた違った流れが生じ、はっきり言って本日はお手上げ。7時半過ぎで道具を片付けました。

米野さん教えてもらったドボン釣り仕掛けを作っていったのですが不発。 本日の釣果はタニシ10個ほどだけでした。

でも、まだまだ諦めませんよ、大川&淀川の釣り。コアユの溯上状況や、 テナガエビの釣れ始める時期も調べたいし、都会の川でどこまで釣りが楽しめるのかということにもますます興味が湧いてきました。 流れが止まるタイミングを見計らって、4月にもまた何度か足を運ぼうと思います。(事務局K)

P3300002 ←道具をコンパクトにまとめて自転車釣行。

<P.S>

昨日、豊中でガソリンを入れたらハイオクがリッター170円に跳ね上がっていてビックリ。 今日は自転車でのスーパーECOフィッシングだったので、自然にもサイフにもやさしかったですよ。自分の老後が想像できた一日でした。 ※ ほんの少し、恥ずかしかったけれど・・・。

14:25

2012年3月29日

へらぶなダービー暫定順位発表!

いろんな記録を競い合おう!

IMG_1580  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の『NHCへらぶなダービー』第1回中間成績をまとめました。トーナメント記録では意外や意外、 関西勢が健闘しています。でも、まだシーズンはスタートしたばかり。これからが本番です。

野釣りダービーは『最低38cm』 というレギュレーションが災いしてエントリー数が減ってしまいました。38cmと決めると、37cm台ばかりが釣れるのが不思議ですよね。

事務局Kはいろんなことが重なって3月はなかなか釣りに行く時間が作れず、 ウズウズしながら仕事をしていました。でも、4月はちょっと暴れてやろうと思います。

明日は出勤前の2時間ほど、自宅前の大川で竿を出してみようと思います。たぶん釣れないけれど、 なんだかワクワクしています。まぁ、釣れても釣れなくても報告しま~す。


 

■やっと目覚めた事務局の金魚

P3290022

3月29日、今日は本当にいい天気でした。冬の間、放置していた金魚水槽の大掃除をしました。 いつもはもう少し早く1回目の水かえをするのですが、掃除をしようと思うと寒波がやってきてズルズルと3月下旬になってしまいました。

この金魚は飼い始めて丸5年。この春で六歳魚になります。よそのランチュウと比べると「池乃めだか」 さんくらいの大きさですが、長生きしてほしいのでエサは少なめに与えています。

やっと春になった気分です。みなさん、野釣りのビッグ1を期待してま~す。(事務局K)

22:14

2012年3月28日

流れのある釣り場対策

米野 守さんのドボン釣り仕掛け

P3080111 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P3030007 P3080102

今月の上旬に紀ノ川へ釣行したとき、初めてドボン釣りをしました。土屋直人くん(ツッチー) の野釣り師匠・米野守さんに仕掛けをいただき、オモリの調節方法などを教わりながら、最後の最後に1匹釣ることができました。

また、緩やかな流れのときには、 上バリの2cmほど上にジンタンシズを打って仕掛けを止める方法も教わりました。

P3030021 P3030032 ←ゴム引きジンタンは必需品!

流れのある場所では「エサを落ち着かせるため」にオモリを使います。ひと口に「ドボン」 と言っても人それぞれのシステムがあるようですが、最近は外通し式が主流。オモリを自由に交換できる便利なアームや、脱着式のシンカーなど、 いろんな小物が市販されています。

P3030033 ←米野さんのドボン仕掛け

写真は米野さんのドボン仕掛けです。糸はフロロの1.5号、外付けアーム(短いタイプ) でオモリを取り付けます。ハリス側(下側)に絡み防止のウレタンチューブを通してあり、その上にストッパーゴムがセットされています。

また、道糸側(上側)には小型のスナップが取り付けてあります。 バランスの底釣りをしていて流れが出てきたとき、 ハリスを取ってサルカンのところにスナップで接続すればアッという間にドボン仕掛けに変身です。

米野さんはドボン仕掛けに予めハリス(ハリ)をセットされていました。上バリ用が20cm、 下バリ用が30cm。ハリスの長さは人それぞれですが、基本はバランスの底釣りより短めです。

P3030026 P3030028 P3030025

▲ツッチーはマルエムのシンカーを愛用。ストッパーとウレタンチューブも使用。

ドボン釣りには高浮力のウキが必要

流れが速い釣り場でドボン釣りをする場合、水流に押されてもシモらない高浮力のウキが必要になります。 オモリの調整も人それぞれですが、米野さんはウキのボディーが半分くらい水面に出るくらいで調整されていました。

ドボン仕掛けのオモリは流されない範囲で最小のもの。オモリが着底し、 流れに押されてウキが沈むようなら調整オモリを切るか、ワンランク浮力が強いウキに交換するとのことでした。

ウキに“サワリ”の動きを出すことがドボンマンの永遠のテーマ

ドボンの釣りはオモリが底にあり、オモリからウキまでの道糸は常に張ったままです。 エサがバラけてもウキに変化はなく、魚が寄ってきてもサワリ分かりにくい釣りです。

だからと言って、大雑把に打ち返しているだけでは釣果は上がらないそうです。 エサ落ちのタイミングを見計らってエサを打ち返し、少しでもウキに動きが出るように仕掛けの微調整や工夫も必要です。

以前は中通しオモリを使用するのが一般的でしたが、 中通しだとオモリのところで角度がつくため、いくら遊動でも小さなアタリを殺してしまいます。 その抵抗を軽減させるためにオモリをダイレクトに通さず、 アームやリーダーを使用する人が増えてきました。最近では仕掛けの角度をより小さくするため、ワームやリーダーにシモリウキを取り付ける人もいるそうですが、 米野さんは水流の抵抗が増すためにシモリウキは付けないとのことでした。

う~ん、ドボンの釣りも突きつめれば奥が深そうです。「いかにサワリを出して釣るか」 がこの釣りを極めている人の永遠のテーマだそうです。


さぁ、次は自宅前の大川(旧淀川)でチャレンジです!

P3270011 P3080108

大川でヘラが釣れるかな? 小物も買い揃え、準備万端ですが・・・

岡山の小林知寛さんは旭川、北九州のおかちん殿は遠賀川のすぐ近くに住んでいて、 自分の庭のように河川のヘラブナ釣りを楽しまれています。

うらやましいな~と思っていたら、オレんちの住むマンション前にも川が流れていました。最近はヘラ釣りをしている方の姿を見ることが少なくなったけれど、 コイ釣り師のブログには「ここで釣れるヘラはサイズがデカいんですよ」なんて書いてあるので魚はいるみたいです。

場所や釣り方などのデータは皆無に等しいけれど、 分かっているのは竿を出さなければ絶対に釣れないこと。今週は暖かくなるみたいなので、一丁チャレンジしてみようかな。

どなたか毛馬閘門付近で一緒に釣りをしませんか? 只今、フレンド募集中!(事務局K)

<P.S>

ツッチーから写メが届きました。紀ノ川にリベンジに出かけ、10枚ほど釣ったとのこと。最長寸は37.5cm。 またも寸止めでしたか・・・。なかなか38cmの壁は高いですね。

120315_1755341

 

00:26

2012年3月23日

NHC大会が実況ライブ中継!?

フナさんがユーストリーム中継に挑戦!

P3200787 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P3200781 ←頭にカメラを載せたフナさん。

3月20日(祝) に清遊湖で開催されたNHCウインターオープン関東シリーズ第4戦のライブ映像がユーストリーム(動画共有サービス)で流れました。

フナさんとは魚の鮒さんではなく、NHCメンバーの舟橋夢人さん。ネット関係にとても明るく、少し、 いや、かなりぶっ飛んだ発想の持ち主です。最近は育メンで忙しく、今回は久々のNHC大会出場でした。

大会前日に「自分の釣りをライブ中継していいですか?」とフナさんから確認のメールが入り、 「NHCのPRになるのでじゃんじゃんやってください」と返信しました。

↓そのときの動画がこちらです。

http://www.ustream.tv/channel/fishing-live

自分で釣って、自分でカメラを回して、自分で解説・・・だから質を期待するのは無理があるし、
主人公が参加22人中19位のフナさんなんで、「笑って、許して♪」といった内容です。でも、映像はともかく、音声がとてもクリアでした。 会話もしっかり聞き取れるし、誰の声だかも分かります。加藤さん、丹路さん、鈴木くん、田中くんの声が全世界に流れていましたよ。

まぁ、クォリティーはともかく、『祝・NHCトーナメント初の実況ライブ中継』です。

通信の高速化でホントいろんなことが可能になりました。

専属カメラマンが1人いれば、かなり面白いライブ映像を流せそうです。 ヘラブナ釣りは1ヵ所で動かない釣りなので、ユーストリームにはピッタリかもしれませんね。

でもね~、いろんなネットサービスにぜんぜん付いていけていない自分がちょっと悲しいです。 流行で買ったスマホもほとんど電話でしか使っていないのでとても不便。使い勝手のいい「携帯電話」 に戻そうかなと思っている今日このごろです。花粉症は大丈夫ですが、I Tアレルギーになりそうです。(事務局K)

19:47

2012年3月15日

今年の春も芦ノ湖へ!

これがワカサギ増殖事業の最先端

P3150002 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さな魚に、大きな期待!

P3150014 P3150059

▲孵化筒の中では次々と新しい命が誕生していました。

昨年に続き、ワカサギ増殖事業の最先端をいく芦ノ湖へ行ってきました。

「芦ノ湖方式」と呼ばれる孵化筒を用いた人口孵化装置は孵化率が高く、採卵した中の発眼卵の割合や、 仔魚がだれだけ孵ったかがひと目で分かる画期的なシステムです。野尻湖や桧原湖などのメジャー釣り場もこの方式を取り入れ、魚の供給量を大幅に増やすことに成功しました。

ワカサギはうまく生育すれば稼いでくれる魚だし、女性や子どもにも楽しめる釣り対象魚です。 なんといっても釣り物が少ない冬場がハイシーズンで、ドーム船だと真冬でも快適ですからね。 内水面遊漁を活性化させるためにはなくてはならない釣り対象魚、それが"小さな大物"ワカサギです。

P3150026 P3150047 P3150089

今回は定置網で捕獲したワカサギの輸送、選別、受精、採卵、個体のデータ取り、粘度の処理、 孵化筒の調節方法など、ワカサギ増殖事業のすべてを見せていただくことができました。

今回の研修旅行で、ちょっぴりワカサギ博士になった気分です。芦之湖漁協事務局の結城陽介さん、 ご指導ありがとうございました。早く半人前になれるようがんばります!

今回は東条湖観光の木戸口支配人と一緒に芦ノ湖へ行きました。関西の湖でも「芦ノ湖方式」 を早く試してみたいな~。

 P3150092 P3150094

▲水揚げされた個体を水槽へ移し、遮光してやるだけで10分もしないうちに魚たちはエッチを開始。 みるみるうちに精子で水が白く濁りだしたのには驚きました。


結城陽介さんはレイクキーパーのサラブレッド!?

P3150085 P3150097

今回たいへんお世話になった結城陽介さんはとても気さくな方で、いろんなことを教わりました。

「以前は私もJB(バスプロトーナメント)に出てたんですよ。でも、今はこっち(漁場管理) の方が面白くて」という結城さん。なんと芦之湖漁協の組合員が四代も続く家系だそうだ。ひい祖父さんは漁協の設立に尽力した方で、 お祖父さんは日本に最初に移植されたあの「赤星バス」の放流に携わったとか。筋金入りのレイクキーパーの血筋なのです。

でも、「漁場管理が面白くて」という結城さんの気持ちはとってもよく理解できます。 事務局Kの本業はPR業ですが、釣り場を整備する仕事や活動にはとても魅力を感じています。 芦ノ湖で産湯に浸かった結城さんや友人の山木一人さんがうらやましいな~、と思った芦ノ湖研修旅行でした。(事務局K)

23:32

2012年3月13日

生野銀山湖はまだ冬・・・でした

ヘラもバスも超スローコンディション

IMG_9678  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_9693

「春の足音が聞こえてきたかな」と思ったら、強烈な寒の戻りでしたね。

先週末の9~10日(土・日)はバストーナメントの取材で生野銀山湖へ行ってきたのですが、 雪がチラついていました。でも、今週末は再び温かい雨なので、九州のおかちん殿や、 京都のドンキー殿が開幕の花火を打ち上げてくれるかなと期待しています。

IMG_9721 IMG_9753

▲コバさん、準優勝!

生野銀山湖はバスもヘラブナも沈黙状態でしたが、 いつもNHCへらぶなトーナメントに出場してくれている小林知寛さんが貴重なナイスキーパーをキャッチして準優勝。 幸先のいいスタートをきりました。来週のウインター関西最終戦にも参加するそうで、最近覚えたての段底で上位を狙っているそうです。

この土日の2日間で見かけたヘラ師は一人だけでした。とてもカッコイ~イ野釣り師で、 後ろから見学させていただきましたが、たま~に掛かるのはオイカワのみ。ヘラの食いアタリは遠かったですね。

生野銀山湖のヘラブナは他のリザーバーよりも少し乗っこみが遅く、 4月中旬ごろから本格的なシーズンインとなります。日研の放流がなくなってからはしばらく魚が入らなかったのですが、 ここ数年は漁協も釣り場の管理に力を入れ始め、 レンタルボートの湖畔さんと協力し合って年間500~600kgのヘラブナを放流しているとのことでした。

ボートからヘラブナ釣りが楽しめる釣り場として人気がある生野銀山湖。今年も期待したいところです。 (事務局K)

IMG_9685

※3月上旬現在、いつもなら水を溜めていく時期ですが、 今年は護岸工事で7mほどの減水が続いているのでご注意ください。

20:36

2012年3月 8日

全国一斉釣場清掃デー報告書

なんで釣り場のゴミは減らないんだろう?

file_20111017T111540687  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P3050085a P3050090

日釣振(財団法人日本釣振興会)から昨年の水辺感謝の日 (全国一斉釣場清掃デー)実施報告書が届きました。

せっかく送っていただきながら何なのですが・・・「こんな立派な報告書、もったいないな」 と思ったのは私だけでしょうか(笑)。ホームページにUPするだけで十分な気もします(編集した方、ゴメンナサイ)。

「紙のムダ」はさておき、秋の恒例イベントとなったこの清掃活動に昨年はNHCも参加し、 室生ダムの釣り場を管理している平崎大介さんや常連の皆さんと一緒に水辺のゴミを回収しました。

この全国一斉釣場清掃は156箇所で行われ、14,438名が参加したそうです。 それにしても水辺のゴミってなくならないもんですね。昨年は室生ダムと布目ダムへよく行きましたが、どちらもゴミが多く、 先日の紀ノ川も相当なゴミの量でした。ダムや河川の下流域は上流からゴミが流れてくるので致し方ありませんが、 釣り人が捨てたゴミも少なくありません。よく見かけるのがゴミをまとめたコンビニ袋がそのまま放置してあるケース。「ゴミをまとめてるなら、 持って帰れ~」といいたくなりますよね。

 昨年の夏に布目ダムへ釣行したとき、 いつもお会いする常連のO橋さんの車の横に大きなゴミ袋があり、その中にビールの空き缶がいっぱい入っていました。「ひぇ~、 たくさん飲みましたね」と声をかけると、落ちていた空き缶を回収したとのことでした。

P3030017

先日の紀ノ川釣行では、土屋直人くんが一生懸命にゴミ拾いをしていました。

いや~、1人でゴミ拾いできる人は、釣り人としてリスペクトしちゃいます。

ほとんどの方は自分のゴミは持ち帰り、きれいな水辺で釣りをしたいと思っているのでしょうが、 いざ水辺に立つと「釣りがしたい」という気持ちが先立って、なかなか他人の捨てたゴミまで拾う余裕がないですからね。

水辺感謝の日には今後も協力していこうと思いますが、「来たときよりも美しく」を合言葉に、 "一人ぼっち"の清掃活動ができる釣り人になりたいですね。

これからの内水面の釣り場管理は釣り人の減少とともに漁協や地元だけに任せられなくなるかもしれません。だから、 せめてゴミ拾いぐらいは釣り人が自主的にやらなければと思う今日このごろ。まぁ、肩肘張らず、できることから始めるとするか。 (事務局K)

<<<2011年NHCの水辺感謝の日>>>

file_20111017T111539718

▲室生ダムのこのカンバンが大好きです。

21:06

2012年3月 5日

"春一番"を求めて・・・南へ

紀ノ川へ12時間耐久欲張り釣行!

P3030082 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逢いたい~、見たい~、す~がり~たい♪

そんな気持ち~に、させるのは~♪

ぶらくり丁の~恋灯り♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 名曲『和歌山ブルース』を口ずさみながら、 行ってきました紀ノ川へ。うるう日は東京で雪が降りましたが、関西では3月の声を聞き、 にわかに春めいてきましたからね

暖かい雨が降り、室生ダムでは今年一発目の尺半が出たとか。本格的な春はあと少しといった感じですが、 このところの降水確率上昇でお尻がムズムズしてきた方も多いことでしょう。

P3030007 P3030069

▲ツッチーと野釣り師匠の米野 守さん。

■38cm UPを狙って、一路『南』へ

今年もNHCでは年間で競い合うフォトトーナメントを開催し、NHC野釣り『BIG-1ダービー』 ならびに『BIG-3』ダービーの受付が1月1日から始まりました。しか~し、『38cm以上を対象とする』 というレギュレーションを設けたため、まだ2012年の第1号は登録されていません。

関西や中国、九州では雪が降る中で熱いメンバーたちがチャレンジを繰り返すも・・・、 37cm台止まり。未だ結果が出ていないのです。

そこで3月3日(土)、「今年最初の38cm UP」を狙いに出かけました。場所は「春が待てない」 ヘラ師に人気が高い紀ノ川。和歌山県の北部を流れる大河川です。

メンバーは、関西ヘラブナ釣り界の貴公子(言い過ぎかも?)ツッチーこと土屋直人くんと、 彼の野釣り師匠・米野 守さん、事務局Kの3名。米野さんとご一緒するのは今回が初めてだが、 ツッチーが20回勝負して1回勝てるかどうかの底釣りのスペシャリストだそうで、強力な助っ人です。

今回竿を出したのは田井ノ瀬周辺です。事務局Kがツッチーの年齢だったころ(30年ほど前) にライギョ釣りによく通った場所ですが、潮止め堰堤ができたり、護岸整備で当時とはまるで別世界にかわっていました。

そんなことはさておき、今回は「朝・昼・夕方」と場所をかえ、こんなプランで楽しみました。

◎第一部(朝):本流とつながっているワンドに上がってくる良型を狙う。

◎第二部(昼):7寸クラスが湧いている溜まりで数釣りを楽しむ。

◎第三部(ランチ):美味しい和歌山ラーメンを食べて、鋭気を養う。

◎第四部(夕方):きたらデカい本流一本勝負。

写真もたくさん撮ってきたので、超ハードな1日を順に紹介しましょう。


<1>朝イチはワンド狙い

P3030005 P3030001

東の空が白みかけたことに現地到着。最初の場所は田井ノ瀬の下流にあるワンドです。

ワンド入口付近の沖でかなりのモジリがあって、眠気は一気に吹き飛びます。でも、 「あれはきっと営業モジリですわ」と米野師匠が言うとおり、 10時過ぎまで3人とも完全ボーズ。セズリまではまだ少し早かったようです。

この場所は春の第一陣を狙うA級ポイントだそうですが、昨秋の集中豪雨で土砂が堆積し、 葦原も消えて米野さんはちょっと心配そう。

そして、もう1つ心配なのが・・・ゴミがいっぱい散在していること。上流から流れてきたものが多いけれど、釣りエサの袋も目に付きます。

P3030010 P3030013 P3030017

釣れないとすぐに飽きてしまう子どものようなツッチーですが、誰に言われることなくゴミ拾い開始。 「来たときよりも美しく!」「ゴミを捨てるヘラ師はサイテー」とブツブツ言いながら大きなゴミ袋いっぱいのゴミを回収し、 自宅まで持ち帰りました。車の中は少し臭いましたが、なかなか見直しました。(何か心境の変化があったのでしょうか?)


<2>癒しの溜まりでチャンベラ入れ食い!

P3030037 P3030042 P3030044

今回はボーズの可能性が高いことから、 第二部では少し上流へ走ったところにあるチャンベラが湧き湧きの溜まりへ向かいました。

今回の狙いは大型ですが、やっぱり釣り師、魚の顔は見たいもの。「絶対に釣れる。1時間で飽きる」 というその溜まりは前評判通りでした。

事務局Kが準備中に米野師匠は既に入れ食いモード突入。ツッチーにデカそうな魚がくるも・・・、 細仕掛けのためラインブレイク。7寸ちょいがアベレージだけれど、さわりっぱなしでリャンコで釣れることも多かったです。 事務局Kでも1時間ほどであっさり2ケタをクリアできる楽園でした。

P3030041 P3030053 P3030050

「もうちょっとココで遊ばせてほしいな・・・」と思いましたが、今回の目的は大型狙い。 米野さんは大物派なので、すぐに飽きてしまったようでランチブレイクとなりました。


<3>和歌山ラーメンはオススメです

P3030056 P3030058 P3030059

少し遅めのランチは、釣り場からすぐ近くにある『中華そば専門店 正善(まさよし)』です。 釣り場へ向かうときから「お昼は和歌山ラーメンで!」と決めていました。

この店はなかなか有名だそうで、ランチタイムには行列ができるそうです。 見た目は濃いそ~なスープの色ですが、意外とあっさり。最近は健康上のためスープは残すようにしていますが、半分以上は飲んでしまいました。 美味しかったですよ。


<4>ゴールデンタイムは本流で!

P3030061 P3030062 P3030068

腹ごしらえができたところで釣り場へ戻り、夕方のゴールデンタイムを釣る場所選び。「くればデカい」 という本流の護岸に3人で並びました。高速(阪和自動車道) のすぐ下流にある足場のいい場所で、シーズンに入ると釣り人が並ぶそうです。

P3030070 P3030071 P3030074

時刻が4時を回り、「そろそろ時合ですよ」と米野師匠から気合を入れるように指示があり、 最初に竿を曲げたのはツッチーでした。竿は大きく弧を描き、かなりの大物っぽいけれど、少しパワーがありすぎ。 やっぱりヒゲが付いていました。

P3030076 P3030080 P3030084

その後もツッチーはコイを連発し、米野師匠もコイらしい大物に仕掛けをぶち切られ、 あたりが薄暗くなってきました。ドラマはあるのか、このままTHE ENDなのか・・・と思っていたとき、穂先にモゾモゾとした感触・・・。 アタリは見逃してしまいましたが、この日最大の尺2寸クラスが勝手に掛かってくれていました。 最後の最後に起こった小さなドラマ。目標の38cmには届かなかったけれど、お気に入りの釣り場がまた1つ増えました。


初の川ヘラ。勉強になりました。

実は川でヘラ釣りをするのは今回が初めて。米野さんにいろんなことをアドバイスしていただき、 とても勉強になった1日でした。

P3030021 P3030032 P3030033

この日は1日を通して底釣りでしたが、緩い流れのワンドでは上バリの少し上にジンタンシズを打ち、 流れがない溜まりではバランスの底釣り、流れが速い本流ではドボン釣りと、流れの緩急で仕掛けをかえました。

エサはグルテンです。米野師匠は「α21」と「新べらグルテン底」を使用。流れが強い場所ほど 「α21」の配合を増やし、繊維が強くなるように調整されていました。

仕掛けは次の機会に紹介しま~す。(事務局K)

07:15