日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2012年1月
« 2011年12月 | メインページ | 2012年2月»

2012年1月30日

耐寒訓練 Part2

厳寒の布目ダムで3ケタ釣り!

ワカサギですけどね。

P1290022 P1290018

▲「NBCチャプター布目」会長の長嶺晋二さん。

1月29日(日)、バス釣りの仲間に誘われて布目ダムへワカサギ釣りに行ってきました。 この日はボート4艇で広範囲をチェック。ワカサギがどれくらい散らばっているかが知りたかったので、 データ収集にはとてもいい機会になりました。

今シーズンの布目ダムのワカサギ釣りは解禁当初(11月)は不調で、 事務局Kも10月下旬の試し釣りでボーズを食らってしまいました。漁協スタッフの試し釣りも芳しくなく、 残念ながら12月上旬までは遊漁料が無料になりました。釣り人にはちょっとうれしいけれど、放流に投資している漁協としては痛手です。

その後、冷え込みが厳しくなるにつれて釣果は安定してきましたが、場所に恵まれ、 上手な方だと100匹をクリアできる状況。ワカサギ釣りは初心者で50~100匹釣れてほしいところです。

事務局Kが釜淵橋スロープで竿を出した12月上旬も橋脚のところだけにワカサギ釣りの方が集中していました。

布目ダムや上津ダムは「マキエ釣り」が主流です。 だからマキエで魚を飼い付けにするのである意味釣り人が集まる方が効率的といえます。

そこで気になるのがワカサギの絶対数と、拡散具合です。とても寒い一日でしたが、ワクワク、 ドキドキしながら出船しました。


■最高釣果は支流の上流部!

P1290010

朝7時30分に焼却場スロープに集合。7時過ぎに到着するとすでに仲間は準備中。 カートップボートを協力し合って降ろします。今回の参加者は関西で活躍するバスプロが中心で、布目ダムで活動する日本バスクラブ・ チャプター布目のメンバーです。

事務局Kはチャプター布目の長嶺晋二会長のボートに乗せてもらいました。 ドーム船や屋形船は天国ですが、ボートは陸釣りよりも冷え込みます。でも、“ピリピリッ” と小気味よいアタリが続くと寒さは頭から離れ、3連、4連で釣れると心はもうホックホクです。

長嶺艇が最初に向かったのはコスモス公園の少し南側にある支流です。 湖周道路を走ると橋が架かっている流れ込みで、その橋のすぐ下流側の水深11~12mラインにアンカーを下ろして釣り開始。 1投目からアタリの連続でした。

さすがはバスプロ、普段から魚探をかけてワカサギの動きや地形をチェックしているので、 ワカサギさえいればいつでもこの釣りの船頭さんができそうです。

長嶺会長は11時で50匹をクリア、午後に入って1時に100匹到達。 電動リールの事務局Kよりも早いペースでどんどん釣り上げます。 竿を2本出せばもっと数は稼げるのでしょうが、2人とも竿は1本。ガンガン釣れるというコンディションではありませんが、 4~5時間まったくアタリが途切れず、同じペースで釣れ続きます。だんだんと手が慣れてきたこともあって、 時間が経つにつれて数は伸びました。


■釜淵橋~別荘下エリア

P1290034 P1290035

▲陸釣りの一番人気ポイント「釜淵橋」周辺。

他の場所も気になり、2人とも3ケタ釣りを達成したところで移動。行き先は先日、 ワカサギの大きな群がいたという別荘下。ここもワカサギが溜まるエリアだそうで、水深は9~10mラインでした。

この場所ではバスプロの神野さんと今津さんが朝から粘っていました。 そのすぐ近くに入れてもらいましたが、ペース的には昼すぎまで釣っていた支流の方がいい感じでした。

もう少し深場がいいのかなということで釜淵橋スロープの少し下流側をチェック。水深は16mですが、 穂先を震わすことはありません。深けりゃいいということもなさそうです。

その後、コスモス公園北側、ダムサイトのゴミ避けフェンス近くにある島周辺、 焼却場スロープ沖を釣って夕方に納竿しました。

最下流のゴミ避けフェンス近くでも1匹釣れ、粘れば何匹かは釣れたと思いますが、支流、 本流ともに上流部の方が魚は濃い感じでした。陸釣りのマキエが効くエリアだけに魚が集まっていることもなく、 思っていた以上に魚は広範囲に広がっていました。本日の結果は漁協にレポートを提出しなくてはいけませんね。

P1290004 P1290005 P1290006

▲エサはアカムシと紅サシ。アカムシの方が少し食いがよかったけれど大差なし。 サシムシは切った方が釣果UPしました。

<本日の釣果>

◎長嶺会長:156匹/◎事務局K: 117匹

P1290044

▲竿頭の長嶺会長。サイズがデカいのでずっしり!


■キャスティング&ズル引きスタイル!

ワカサギもルアーで釣っちゃう人たち

P1290036 P1290025

▲この日のワカサギは底べったりでした。

別荘下で釣っていた神野さんと今津さんはバスタックルを使用。 ダウンショットリグのようにワカサギ仕掛けをキャストして、底をゆっくり引いてくる「ズル引き」スタイルでした。

少し前は魚探のモニターに丸くワカサギの群が映し出されそうですが、 この日は底近くで微かな反応があるだけ。魚は底べったりに広がっている感じでした。 これは支流で竿を出していた長嶺艇の魚探も同じような映像で、魚も下バリに食ってくる確率がとても高かったようです。

P1290039 P1290040

▲これが今津さん作のワカサギルアー。

魚が底にいたからかズル引きスタイルもなかなか効率よく、圧巻は今津さんの対ワカサギルアーです。 フラスカート部分をジャストサイズにカットして、ワカサギ仕掛けのハリにセット。ズレないように瞬間接着剤で固定しているとのこと。 アカムシやサシムシをハリに刺すのは初心者にとって結構面倒な作業なので、なかなかグッドなアイデアです。

だけど、偽もんのエサを食べさされた後、人間に丸かぶり・・・。 魚にとってはかなり最悪な必殺技ですけどね。

■デカすぎる? 最長は14cm!

今回のワカサギ釣りはシシャモサイズが交じりました。アベレージは11~12cm、 1割ほどが13cm UP、最長はナント14cmでした。夏に安曇川で釣ったアユより大きかったですよ。間違いなく網走湖産なんでしょうが、 ここまでデカくなるかというサイズでした。後日、釣り界のモコミチ、かもめさんがいろんなワカサギ料理をレポートするのでお楽しみに!

13cm UPがくると竿をのされそうになりますよ(それはウソです)。

P1290032 P1290015

▲最長14cm。自己新記録です。 「NHCワカサギダービー」でも企画しようかな。


ボートからのワカサギ釣りはおもしろい

 

P1290047 P1290020

「関西にもドーム船や屋形船があったらな・・・」と思う前に、 関西にはボートからワカサギ釣りが楽しめる釣り場さえありません。数日前にUPされていた「みさき爺の釣り日記」 では釜淵橋で釣っている方の釣果は20~30匹だと紹介されていましたが、ボートからだと竿1本、マキエなしで普通に3ケタ釣りができます。 マイボートや魚探、エレキなどの準備は大変ですが、「手軽にボート釣りができる釣り場があればな~」と思います。

布目川漁協はヘラブナ釣り師が考えている以上にワカサギ釣り場の整備に力を入れています。 「漁協の活動や収益」という観点から、ワカサギ釣りの大漁・ 不漁は布目ダムの釣り場管理やヘラブナの放流活動にも影響を及ぼします。

同じフィールドを使用するヘラブナ釣り師、ワカサギ釣りファン、バスアングラー・・・。 たびたびトラブルになることもあるのですが、同じ釣りを愛する者同士、 協力しあって釣り場の整備や漁協の活動をサポートしていけたらなと思っています。なんといっても釣り界を活性化させるためには 『いい釣り場環境』が不可欠ですからね。

関西の内水面漁業活性化のためにこれからもワカサギ釣りを応援していこうと思っています。 2年連続で中止になってしまった布目湖ワカサギ釣り大会ですが、来シーズンは成功させたいですね。釣り人の皆さん、ギョーカイの皆さん、 サポートよろしく!(事務局K)

P1290001 P1290003

 

12:59

2012年1月27日

耐寒訓練

↓ユ~キ~は降る~、アナタは~来ない~♪

IMG_9540

↓会いたかった~会いたかった~会いたかった~♪

Yes!君に~♪

IMG_9496

↓カメもヌートリアもガ~、ガ~、ガ~♪

IMG_9507 IMG_9508


一番寒い日にヘラブナは口を使うのか。

1/26、旭川でチャレンジしてきました。

P1260002 P1260005

▲中国道は真っ白。カイロを貼りまくって出撃です!

P1260003 P1260004

▲釣り場に着いてイキナリ大転倒(絵になる男です)。

今週の日本列島はスッポリと寒気団に覆われ、この冬一番の寒さが続いています。「地球温暖化」 が全世界で問題視されながらも「氷河期到来」がささやかれ始め、諸説飛び交いこの先どうなるのでしょうか。

そんなことはさておき、今年に入ってからバスプロの小林知寛(コバ)さんから頻繁に連絡が入り、 ワクワクする話を聞かされ続けていました。コバさんはバストーナメントの最前線で活躍しながらも、 いろんな釣りが大好きで釣りのセンスはピカイチ。モリゾーさんや前山智孝さんとも親しく、 その影響でヘラブナ釣りも始めるようになりました。NHCへらぶなトーナメントにも時間が合えば出場してくれ、 非凡なところを見せつけています。

コバさんの住まいはヘラブナ釣りで知られる旭川ダム(岡山県)のすぐ近く。 近所でバス釣りをしていたときにヘラブナが溜まっているワンドを見つけ、今年に入ってから野釣りのヘラブナ釣りに初挑戦。 地元ではエサが売っていないので食用マッシュを購入し、時間を見つけてはこのワンドで竿を出しているそうです。

いきなり管理釣り場の仕掛けで釣りをしたものだからブチブチ切られ、 スッポ抜けやコイにも苦しめられたとか。コバさんからのTELは仕掛けやコイ対策についての相談と釣果報告でした。


見ごとなヘラブナをついにゲット!

 IMG_9474_1 IMG_9471

▲まずは水深をチェックしてから釣り台設置。

誰にも野釣りのことを教わらずに奮闘するコバさん。 野釣り師のスーパールーキーを応援しようと1月26日にツッチーこと土屋直人さんと旭川へ向かいました。 もちろん冬でもHOTな釣り場に興味津々で、ワクワクしながら大阪を夜明け前に出発しました。

この日は寒さがピーク。中国縦貫道は「落合I.C」から先がチェーン規制でしたが、 落合の手前からすでに路面は白く、チェーンやスタッドレスが必要なくらいヤバイ状況でした。「もう少し暖かい日にすればよかったかな」 と思いつつも、「この一番寒い日にヘラブナはどのような行動をとるのか」というのを自分で確かめたかったので、 高速が通行止めにならなければ風雪でも決行しようと決めていました。

IMG_9521 IMG_9525

▲モリゾーさんとコバさん合流!

IMG_9515 IMG_9535

▲3人とも学生のころからよく知っているメンバーです。

ちょうどモリゾーさんとコバさんは岡山で3日連続の取材があり、この日はその最終日。 吹雪の中での撮影でヘトヘトに疲れていたと思うのですが、取材を終えて昼から合流。言うまでもなく夕方暗くなるまでヘラブナを狙いました。

IMG_9491 IMG_9483

IMG_9498 IMG_9500

▲37.8cm。2mm足らずNHC野釣りダービーに登録できず・・・。でも、本当に価値ある1枚です。

IMG_9519 IMG_9522

▲合ベラやマブナ、カメもゲット。ここは旭川の生き物にとってメジャーな温泉地なのかもしれません。


25年ぶりに野釣りにチャレンジのモリゾーさん

IMG_9532 IMG_9514

▲モリゾーさん、野釣り師復活 !?

大阪で『釣りの神童』と呼ばれていた少年時代のモリゾーさん。「釣り台持っているのかな?」 と思っていたら、小学生時代に愛用していた釣り台を披露してくれました。

ウキに変化があるたびに「やっぱり野釣りはオモロイな~」を連発。 この日はヘラブナを手にできなかったけれど、25年ぶりの野釣りに感激したようでした。「これからは車に釣り台積んどかなアカンな~」とも。 管理釣り場の繊細なヘラブナ釣りはかなり高度なゲームフィッシングですが、野釣りしか味わえないワクワク感にこの日は満足したようでした。

厳しい寒さの中、この日のヘラブナはツッチーが釣り上げた1枚のみ。あとは合ベラとマブでしたが、 なかなか楽しい耐寒訓練になりました。

この場所は深い場所でタナが1本半~2本の小さなワンドです。当日は15尺前後のマッシュとグルテン系の底釣りで攻めてみました。

コバさんは「いつでも来れるので」とこの日は竿を出さなかったのですが、 今年はどんな大型を釣ってくれるのか楽しみです。NHCへらぶなダービーにも参加するそうで、またまた強力なライバルが出現しました。

事務局Kはこれで2回連続の完全試合をくらってしまいました。でも、この日は冬らしい写真が撮れ、 どんなに寒くてもヘラブナ釣りは熱いということが分かり、大きな収穫がアリ! 心地よい疲れのプチ遠征になりました。 (事務局K)

14:03

2012年1月25日

やっぱりサイズUP、隠れ谷

downloadfile-2 

▲隠れ谷のニューフェイス!

22日の日曜日、隠れ谷池へ行ったツッチーこと土屋直人さんから写メが届きました。 キロクラスのグッドサイズが2枚きたそうですよ。

この日は無名会や竹竿の会などの大きな例会が入っていて深場は満員御礼。 浅場に入って厳しい釣況だったらしいけれど、両グルの底、 段底、チョーチンといろいろやってポロポロ拾えたそうです。グッドサイズは段床だったそうで、手前でも新ベラが狙えるみたいですね。 だけどやっぱり釣果は深場の長竿が安定していたとのことでした。

ウインター関西第3戦まであと半月ほどあるので釣況は変化するかもしれないけれど、 型のいい新ベラが入って隠れ谷はイメチェンしています。ただ、以前のように数は釣れないのでガマンの釣りは必至。「ツッチー予想」 では3時間で新べら5枚はチョー難しく、場所に恵まれれば2~3枚の可能性あり。 うまくいけば5匹重量の第2ステージに3kg超は夢ではないかもしれませんね。600gはリリースでガンガン勝負しましょう!(事務局K)

01:04

2012年1月24日

寒中お見舞い申し上げます

P1150010

▲氷を割って楽しむ精進湖のワカサギ釣り。

久々の「事務局だより」の更新です。気持ちと身体はいたって元気なのですが、 珍しく仕事が忙しくて1週間もサボってしまいました。「ぜんぜん更新されないけど、どないなっとんねん」 と少数ですが怒ってくれる方もおられるので、ボチボチがんばります。

今朝の大阪は普段より少し寒いぐらいの朝でしたが、東京は真っ白でしたね。TVでは朝から大ニュースで取り上げられていました。河口湖にあるルアーメーカーの方に電話をしたら、 大雪で大変だとか。「寒くてコンピューターが立ち上がらね~」と言っておられました。

でも、寒さはこれからが本番。大寒に入り、 この冬一番の冬将軍が来襲し、そして今週末はウインター関東シリーズ第2戦が武蔵の池で開催されます。 厳しいゲーム展開になることは見えていますが、この時期ならではのシビれる1枚を釣ってくださいね。

事務局Kも仕事がひと段落ついたので、 今週は平日に休みをとって極寒の地で野釣りにチャレンジし、 週末はボートからのワカサギ釣りに行く予定です。

みなさん、一年で一番寒い時期をエンジョイしましょう。(事務局K)

11:49

2012年1月18日

釣り場の近くの気になる温泉 part2

い・い・湯・だ・な、あ、ハハン♪

隠れ谷戦は前日入りで温泉へGO!

yunosato_topimg konono_topimg

天然温泉 ゆの里       お水のお宿 このの

ゆの里   このの

y_map_01

九州大龍会の大龍会長とおかちん殿からウインター関西シリーズ第3戦のエントリーがありました。 このお二人の写真の腕前はかなりのもので、参加選手の皆さんはオメカシしてお越しくださいね。

隠れ谷は事務局Kも大好きな釣り場。 大会運営だけではもったいないので九州メンバーと一緒に前日入りすることにしました。

そこで宿泊先なのですが、国民宿舎の紀伊見荘に予約しようとしたら、 耐震性の問題があって昨年の3月に閉館になったとのこと。こま鳥さんにオススメ宿を聞いてみると、 ビジネスホテルなら五条市にある「リバーサイドホテル」、近場なら「天然温泉 湯の里・お水のお宿このの」ということでした。 湯の里はスーパー銭湯のような感じで、その隣に「このの」という宿泊施設があるそうです。 TELで問い合わせたところ、「このの」 に宿泊すると「湯の里」の温泉はフリーパスだそうです。

おかちん殿が今問題になっている「食べログ」でチェックしたところ、 湯の里には美味しいお好み焼き処があるそうです。前夜祭は「お好みパーティー」に即決しました。

今回は九州 大龍会の遠征に飛び入り参加。「大人の遠足」のスケジュールはこんな感じです。Join us!

<2月10日(金)>

◎8:20 南港着(名門太陽フェリー)

◎お昼前~夕方まで隠れ谷池で試釣

◎竿師さんの工房見学

◎温泉に入って、お好みパーティー

◎23:00 就寝

<2月11日(土)>

◎NHCウインターオープン関西シリーズ第2戦

◎大会終了後、大阪へ移動

大龍会メンバーは大会翌日に水藻FCでヘラ釣りだそうです。好きですね~。

工房見学や温泉、お好みパーティーがあるので、次回の九州風来坊倶楽部のNHC大会レポートは 「5本立て」ぐらいですかね。ワクワク。二日酔いにならないように注意しま~す。(事務局K)

※「このの」はなかなか人気がある施設のようで、昨日おかちん殿が予約したら、シングルは最後の一部屋でした。

21:53

2012年1月16日

今回もシビれた3本立て

人気No.1ブログ『九州 風来坊倶楽部』で

ウインター関西シリーズ第2戦を完全中継!

P1090026 d9a0736bf19b4ffbdf954401d4d0c3c9

▲おかちん殿と大龍会長の珍道中は最高です!

ウインター関西シリーズ開幕戦に続き、同第2戦の模様もまたまたコッテリと『九州 風来坊倶楽部』 でご紹介いただきました。はっきり言いまして、おかちん殿は事務局Kよりも働き者なのは間違いないですね。

事務局としては最高にうれしいのですが、遠路はるばる関西まで遠征したのだから、 写真なんて撮ってないで釣りをしてほしいな~と思うのでありますが、「仲間を楽しませてやろう」「仲間を作ろう」 とがんばる大龍会メンバーの活動が多くのヘラ釣りファンに共感を与え、このブログの人気を支えているのかなと思います。今日も『ブログ村』 のバナーをぽちっと押したら、ダントツ1位でした。

ヘラブナ釣りは関東がメッカだけど、このブログを見ていたら、 何だかヘラ釣り仲間が全国にいるようでうれしくなりますよね。これからもいろんな情報を楽しみにしています。

d7b50557ab1ded8fafa33e82901e89b3 ←クリックひやぁ~

<<<九州 風来坊倶楽部・ フォトチャンネル>>> ←写真がぎっしり

野釣りダービーも今年はきっと盛り上がる!

今日の『九州 風来坊倶楽部』では「野釣りBIG-1、BIG-3始動」というタイトルで、 野釣り情報がUPされてました。アサニーこと麻野昌佳さんが遠賀川で44.5cmを釣り上げたとか。 おかちん殿も気合十分のようでどんな記録を叩き出してくれるのか楽しみです。

もちろん関西勢もすでにエンジン全開、ヘラブナよりひと足早く乗っ込んでいる仲間がいます。ドンキーさんもツッチーも野釣りモード全開で、 ボーズの連続にもくじけずにチャレンジを続けています。今年のNHC野釣りダービーはきっと盛り上がると思います。

しかし、ちょっと情けないのが事務局K・・・。なんと昨日(15日)、 管理池で丸ボーズという失態をやらかしてしまい、今日はブラックマンデー。 暗い過去を忘れるために今日は早朝出勤で仕事を無我夢中でがんばりました。

来週になると少し仕事が落ち着きそうなのでみんなに負けないように野釣り始動します。 誰のどや顔が今年最初にNHCのホームページにUPされるんでしょうかね。(ちょっとだけいい情報を入手して元気が出てきた事務局K)

22:44

2012年1月14日

外道を愉しむ

天神ヒゲ男爵の正体は、やっぱりギギでした。

P1090028 P1090037

天神名物のギギ。30cmを超える大型も珍しくなく、ナマズだと思っている方も多いですね。 「準絶滅危惧種」などに指定している地域も増えてきましたが、いるところにはいます。天神釣り池もその1つ、管理釣り場だけどネイティブ(? )です。

以前に名張川でもたくさん釣ったことがありますが、群で生息しているのか同じ場所で何匹も釣れます。

どの図鑑を見ても水生昆虫やエビ、小魚などを食べる動物食性とされていますが、 天神では底釣りの外道のおなじみさんです。ペレット系やサナギ系だけでなく、グルテンでもよく食ってきます。 名張川で釣ったときはオニギリのご飯をエサにしました。かなり雑食性だと思うのですが、 ミミズやエビを使うともっと爆釣するのでしょうか。今度天神で大会があるときは“釣獲調査”ということでミミズやタノシ、 モエビなどで釣りをさせてもらおうと思っています。あくまでも調査ですが・・・、運営スタッフにも息抜きを!

また、ギギはナマズなどと同じく夜間の方が活発にエサを摂るといわれますが、昼間でもよく釣れます。 ナマズよりもデイライトを気にしないように思います。 天神ぐらい水深があるとプランクトンや不純物などに光が遮られて底付近はかなり薄暗いでしょうが、 名張川ではアユ釣り場の脇にあるヨドミで昼間に釣れました。

P1090034 P1090031

▲「お前、なかなかカワイイ顔してんな」と声をかけると恥ずかしそうにしてはりました。 尾ビレの切れ込みをチェックすると、やっぱり“ホンマモン”のギギですね。

<<<YAHOO百科事典 ギギ>>>


あれこれギギのことを調べていると、「ひょっとして天神で釣れるのはギギではないのでは?」と思い、 先日の大会のときにじっくりと観察しました。日本のナマズは尾ビレが丸く、ギギのそれはキャットフィッシュのように切れ込んでいます。 ギギにもネコギギやギバチという近縁種がいるので、天神の個体をいろいろ撮影しましたよ(人間の撮影はおかちん殿に任せて・・・)。

そして、前評判通りにギギはよく釣れました。どのギギもよく肥えていて、 尾ビレのカタチを見るかぎりは本種のギギですね。桟橋に上げられてギ~ギ~鳴いていました。「アカン、釣れん・・・」 と泣いていた哺乳類も多かったですが・・・。

<ギギの特徴&注意点>

胸ビレ、 背ビレに毒棘あり。ゴンズイのような猛毒ではありませんが、刺されると腫れるので要注意!

とても美味しい。昔に下野さんから「蒲焼にしたら美味しい順は、 ギギ>イワトコナマズ>ナマズ>ウナギや」と聞いたことがあります。

◎動物食性らしいけど、ヘラエサも大好き

◎群で行動。天神の場合、よく釣れる1級ポイントはいつも1級ポイント。ある意味、 期待を裏切らない。以前、矢野さんに 「そこ、ギギの巣やで」と言われたところに入ったら、思いっきりギギが釣れました。

皆さん、ギギが好きになりましたか?

どうでしたか、今回の外道を愉しむ企画。厳しい釣果が続く今日このごろ、 外道が釣れて喜べる釣り師になれば、厳寒期も恐くないですよ。(事務局K)

13:27

2012年1月12日

遠征気分をご一緒に!

579e2843436acc2790d74d09bf277e50 0487b7761a58859387b99241e17544d4

『九州 大龍会』ご一行のNHCチャレンジレポートがUPされました(ウインター関西第2戦・前編)。

今回は気になる温泉『石道』もバッチリ紹介されています。写真はまたまたテンコ盛り。 大龍会長のセミヌードも・・・

↓続きはこちらで!

d7b50557ab1ded8fafa33e82901e89b3

10:26

冬に人気の武蔵の池レポート

冬でも働き者のヘラブナが魅力です!

photophoto (1)

◎レポート:NHC関東大会委員長 鈴木良太

NHCウインターオープン関東シリーズ第2戦の会場は武蔵の池です。1月9日(日) にあいさつを兼ねて練習に入りました。

今回使用する桟橋は北桟橋です。南向きなので日当たり良好!この日もかなり釣り人が入っていましたが、 ヘラブナはとてもがんばっていましたよ。さすがは冬期に人気の釣り場です。全体的にはメーターセットや段底がいい感じでした。

大会までの北桟橋予約状況は、15日、22日の日曜日はともに予約でいっぱい。21日、 28日の土曜日は空きがあるとのこと。ただし、先着順で埋まってしまうので、朝の5時半には並ばないと難しいかもです。

冬場でも楽しめる釣り場なので、1月29日(日)の大会までに一度訪れてみてはいかがでしょう。

<<<武蔵の池>>>

00:11

2012年1月11日

NHC 福男 選び

今年の“一番福”を引いたのは高垣和正選手!

P1090016 P1090005

P1090006 P1090007

ウインター関西シリーズ第2戦で予告通りに「早釣り・福男選び」をやりました。 緊急所用ができて桟橋を離れていたら、アッという間に3人の福男が決定していました。

今年の一番福を引いたのは、 カールおじさんがヤンキーになったら多分こんな人だろうなというベテラン高垣和正選手。2番福はがんばるトーナメンター南 治孝選手、 3番福はクジ運最強の前山仁孝選手でした。オメデトウゴザイマス。


2012-01-10 21.06.42

1月10日の夜遅くに事務所の近くにある堀川戎神社へ参拝しました(17年連続)。

事務局Kの今年の運勢はことごとく「凶」なんですが、凶って悪いことばかりじゃないみたいですね。 何かを始めるときに、しっかり勉強や準備をする期間としては最高らしいのです。それを信じて、 二宮金次郎のように今年はじっくりがんばります。

二宮金次郎は農村復興政策を指導したのですが、 ちっぽけでいいから遊漁業活性化を支援できるような人間になりたいですね。

ちなみに、来年、再来年と運勢はどんどんよくなるそうです。「オレの時代」が来るかな。 (ノー天気な事務局K)

16:07

2012年1月 8日

明日は冬晴れかな?

さぁ、ウインター関西シリーズ第2戦。

「天神」なので鳴り物は使いません!

大会前日の今日(8日)はみんなと一緒に天神で釣りをしたかったのですが、 仕事が片付かずドタバタでした。

弱い低気圧が南と北にあるものの天気はまずまず。 久々の天神でどんなゲーム展開が待っているのか楽しみです。 今回は正月休みや連休を利用してかなりプラクティスに入った選手が多かったのですが、例年の天神と比べると少し渋ちんみたいですね。でも、 当日はきっと期待に応えてくれると思います。

この釣り場は住宅地にあるので、大声厳禁です。マイクや鳴り物も使えないので少し寂しいですが、 静かに燃えましょう。では、参加選手のみなさん、天神でお会いしましょう。(事務局K)

22:25

2012年1月 6日

グルメな大会

アイニーの肉まんがグレードUP!

img_20091217T001330359

▲いつまでも初々しいNちゃんと旧肉まん。

1月9日(祝)のウインター関西第2戦はグルメな景品をいろいろ購入しました。そのトップバッターは、 ウインター関西シリーズの名物となったアイニーの肉まん(5個入り)を30パック。アイニーは選手として出場している“中華の鉄人” 奥川功さんのお店です(枚方市にあります)。

実は今回の肉まん、これまでのものよりかなりグレードアップしたらしいのです。 どこがどう変わったのかを奥川さんに聞いたところ、「まぁ、食べたら分かる!」という答えでした。

当然ながら価格もUPしたそうですが、 ナントNHCトーナメントの景品ということでお値段は特別にすえおきです(感謝!)。 NHCには同じ賞品を2つ持って帰れないという掟 (特別ルール)があるので、30名の方がグレードアップ肉まんをGETトンできるので、気合を入れてくださいね。


能勢名物「でっち ようかん」ついに登場!

img_20090202T215844390   ←ウイナーM氏

さらに今回は、あのN島チューさんが死ぬほど愛している「能勢名物でっち ようかん」 24パックを購入しました。製造発売元の暮部菓子店に勇気を振り絞ってTELしたところ、大会当日の午前中に天神着で送ってもらえることになりました。

「冷蔵庫でギンギンに冷やして、風呂上りにペロッと1本食べるのが極上の幸せや」 とチューさんはいつも力説しています。水ようかんのようにアッサリしていて、小豆の味だけでストレート勝負しているところがいいですよ。

冬期限定製品なので、冬に仲間が集まって天神釣り池へ行くときはいつも『でっち ようかんCUP』 になります。これがまた燃えるんです。 写真はでっちようかんをGETトンしてガッハッハ~と高笑いするM氏。バスマスターで活躍する雄姿とは違い、こちらはかなり庶民派です (そのギャップがいいのかな)。

その他、ビールにお米を購入しました。お腹を減らし、ハングリー精神でがんばってくださいね。 (事務局K)

<P.S>

食べ物の怨みは恐ろしい・・・

一見、楽しそうに見えるグルメ景品大会。しかし、「食べ物の怨みは恐ろしい・・・」とはよく言ったもので、 GETトンできた選手は幸せいっぱい、腹いっぱいですが、ハズれた方は意外とショックが大きいみたいですね。

実力派お笑い系ヘラ師のS原さん(弟さんの方です)はNHC大会で幾度となく上位入賞を果たしているのに「肉まん」 との相性がすこぶる悪く、なんとまだアイニーの肉まんをまだ一度も口にしていないという悲劇のヒロイン。ウインター大会の季節になると、 「まだ1回も肉まん当たってへん」とか「肉まんの数をもっと増して!」などなど、運営スタッフにイチャモンをつけてきます。

でも、参加賞で全員に当たるようにしたら大会が盛り上がらないですからね。今回こそがんばってくださいね、シバッチさん!

19:34

2012年1月 5日

モリゾーさんがいっぱい!

index ←クリックしてネ!

清水モリゾーさん情報が満載のホームページが元旦にオープンしました。それもそのはず、 『モリゾーシミズ・オフィシャルサイト』ですからね。う~ん、コンテンツもいっぱいで、デザインもカッコよく、 なかなか素晴らしい出来映えです。

全国のモリゾーファンに贈る新春メッセージの場所が「なんで天神やねん」 とツッコミを入れたくなりますが、ファンにはたまらないホームページですよね。

そして、清水盛三オフィシャルブログ『I HAVE NO LIMIT』も同時にオープン。 第1回目のテーマが「初釣り」で、場所がこれまた天神。NHCメンバーにはたまらなくうれしいですね。

king-morizo

でも、モリゾーさんがヘラ釣りに行けるのもあと少し。そう、今年もアメリカ最高峰のトーナメント 『B.A.S.S.バスマスターエリート』シリーズに参戦するために春を待たずに渡米します。過酷なトレイルですが、 持ち前のファイトと明るさででっかいアメリカ人をキリキリマイさせてほしいですね。

TVザ・フィッシングでモリゾーさんの活躍や功績をうまくまとめた 『アメリカで戦い続けるバスプロモリゾー11年の挑戦』をまだ見ていないという方はぜひクリックしてくださいね。 今年もみんなでモリゾーさんを応援しましょう!

<<<THE FISHING・モリゾー11年の挑戦>>>

IMG_3544 IMG_4051

▲昨年は全米最大のトーナメント『マスマスタークラシック』に出場したモリゾーさん。


NHCホームページも負けませんよ!

少し悔しいですね。NHCホームページがいきなりモリゾーサイトに追い抜かれたようで。でも、 NHCもこのままでは引き下がれません。完全リニューアルは予算の関係上無理なのですが、 今のシステムのままでもう少しコンテンツを増やしたいなと思っています。もう1年前から思い続けているのですが、 なかなか時間がなく実現しないんですけどね。

しかし、今年はライバルのモリゾーさん(ヘラブナ釣りでね)に火を付けられたのでがんばります。 特にNHCメンバーからのレポートを充実させたく、全国のヘラブナ釣り情報をタイムリーにUPできたらいいなと考えています。

NHCメンバーのみなさん、よろしくお頼みしま~す。(事務局K)

20:02

2012年1月 4日

今年の"福男"は誰だ

松岡釣具で『新春福袋』フェア開催中!

index ←クリックしてネ!

「MFC」でおなじみの松岡釣具さんで、今年も『新春福袋』フェアを開催しています。

デパートの福袋と同じく中身が分かり、ウエアなどはサイズも選べます。ナウでポップなヘラ師に人気の 「MFCメッセンジャーバッグ入り」福袋の他、「野釣りセット」福袋や「防寒着」 福袋など全16種類。価格は7,000円~88,000円とちょっと高めですが、お得感いっぱいの内容です。まずはホームページを覗いて、 じっくりと品定めしてください(通販もOKで~す)。

この福袋フェアは14日まで開催していますが、数量に限りがあるとか。 釣り台が入っている野釣りセットがオススメかな。野釣りを始めようかなと思っている方はお見逃しなく!


NHC天神戦は"福男賞"あります!

2012-01-04 14.36.58 ←NHCの福袋!(3つ)

関西の方はよくご存知だと思いますが、「えべっさん」の総本社がある西宮神社では十日戎のときに 『福男選び』が毎年行われます。開門と同時に本殿まで誰が先にたどり着くかを競い合うあのエキサイティングな神事です。いや~、 神事というよりもレースそのものです。

今年最初のNHC大会は「宵えびす」の1月9日。そしてNHCでも『福男選び』をやることにしました。 誰が一番速く桟橋を走れるか、じゃありません。『第1ステージの開始後、誰が最も早くヘラブナを釣るか』 を競い合います。そうです、新春早釣り競技です。

3位までカールおじさんのスペシャルな福袋を用意しましたので、 スタートダッシュでGETトンしてくださいね。(事務局K)

※「天神釣り池は住宅地にあるので騒がないでください」と口が酸っぱくなるほど言い続けているのに、 どうして盛り上がる早釣りを早朝にするのか、自分で自分のことが分からなくなってきました。でも、今年一発目の大会は『福男選び』 からスタートします。みんなで静かに盛り上がりましょう。喜びのあまり大声を出した選手は福袋を没収します。

※"足"に自信がある方は↓こちらをクリック!

<<<ホンモノの福男選び>>>

18:03

2012年1月 3日

初釣りはハートで勝負!

ボーズなんて恐くない!?

P1020042P1020046

▲初釣りできれいな新ベラを釣り上げた南 治孝さん(新松池)。

皆さん、初釣りの結果はいかがでしたか? 「まだ行っていない」という方は、 う~んちょっと気持ちがたるんでいますよ。

自分の中では「今年も釣りが楽しめる幸せ」に感謝して釣り糸を垂れるのが初釣りです。 結果は二の次なのですが、「一年の計は元旦にあり」と言われるので、釣れるに越したことはありませんよね。

でも、年末の納竿から初釣りにかけて、 なかなかスゴイ釣行を繰り返しているメンバーがいるので紹介しましょう。

一番バッターは、「事務局だより」 にちょくちょく登場しているツ●チー君。なんと12月30~31、元旦~2日と4日連続の“ゼロ”更新。二番バッターは「野釣りダービー」 の常連、ド●キーさん。年末30日と1月2日にオデコを食らい、越年ボーズ進行形です。

しかし、納竿で痛い目に合ったら初釣りは手堅くいきたくなるところですが、 新年早々ボーズ率90%を越えるダムへ2人そろって行くんですから大したもんです。ヘラ師の“粋”を感じます。

あまり記録が更新されるようでしたら、へらぶなダービーにボーズ連続記録を加えましょうかね。

■1月2日に新松池へ。

P1020031P1020035

▲厳しかったですが、なんとか魚の顔は見ることができました。

事務局Kは恒例の新松池へ1月2日に行きました。ときどき時雨れる寒い一日でしたが、 十分に長竿が振れるまずまずのコンディションでした。この日はいろんなグルテンを試すことがテーマで、朝から夕方まで両グルの底釣り。 水量やブレンドをかえて何種類か作ってみましたが・・・、1日6枚では答えはでません。 オマケに今年の初ベラは床バカリを終えてグルテンをこねているときに「あれ?  ウキない」で素バリにきた1枚。 幸先がいいのか悪いのか・・・。この日分かったのは、どんなグルテンでもギルはよく釣れるということだけでしたが、初釣りを楽しめました。

この日は名手・南 治孝さんも来られていて、池の常連さんによる初釣り大会に参加されていました。 南さんは両グル底釣りから12尺ウドンセットに切りかえて結果は9枚。 年末はよく釣れていたそうですが、この日は全体に食いが渋いようでした。

まぁ、いつもいつも思うように釣れたら釣りなんてツマラナイですからね。 これからの時期は厳しくなりますが、貧果にめげずにがんばりましょう。(事務局K)

P1020027P1020041

▲ダウンソックスにくつ下用カイロがあれば冬も快適です。

11:49

2012年1月 1日

A Happy New Year 2012 !

謹 賀 新 年

「NHCメンバー」&「NHCオフィシャル」からの新春メッセージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■NHC関東のトーナメントリーダー

セットマスタークラブ(SMC)代表/アイファークラブ、 メイクスプラッシュ所属

太田武敏

P5050018

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨年は東日本大震災をはじめ、自然災害が多い年でした。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、NHCも2012年で10周年を迎えます。 NBC時代からの初期のメンバーとして一緒に活動してこれたのも、スポンサー様や参加選手、ならびに大会スタッフのお陰であり、 感謝致します。

NHCは今年もたくさんのイベントを企画し、ヘラブナ釣りを盛り上げようと頑張っています。 私もNHCをはじめさまざまなイベントに参加して、少しでも力になれればと考えています。

今年もNHCともどもよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■NHC関東シリーズ大会委員長

鈴木良太

P9230792

明けましておめでとうございます。

NHCの運営を始めて、気が付けば4年目。あっという間だったな~と思います。

今年はNHC10周年記念ということもあり、まずはクラシックの参加資格を自力で取って、 それに向けて頑張りたいと思います。

今年も関東は「楽しい釣りをもっと楽しく」をテーマに、 みんなでヘラブナ釣りを思いっきり楽しみたいですね。

今年もよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2011年NHC関西チャンピオン 赤へら代表

若林真也

SH3E0001

昨年はクラシックで夢をみさせていただきました。今年はクラシック優勝という夢を叶えたいと思います。

皆様、今年もよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■NHC九州メンバー第1号

九州 風来坊倶楽部/九州 大龍会 広報・ 企画担当

岡村晃次

69f197cdfe793f95409682d5a18937fd

昨年は短い間でしたが大変お世話になりました。

今年は1年間ビッシリお世話になりますので、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

最後の最後までいい写真が撮れないかと頑張りましたが、ガッツポーズの写真付きでの新年のご挨拶は・・・NGでした。

新年の目標は、

【野釣りの大物、トーナメントの表彰台を目指して突進を継続すること!! by 九州のおかちん】

1月8日から天神釣り池に入ります。

それでは、皆さんにとっていい年になることを願っていますね。これからもよろしくお願いします。

<<<九州 風来坊倶楽部>>>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■NHC事務局

岸 裕之

P5140006

明けましておめでとうございます。

今年、NHCは発足10年目を迎えます。どこで、どういうふうに、 NHCの事務局を担当するようになったのかは未だ謎なのですが、事務局を引き受けて6年が経ちました。

NHC設立当初は本業が忙しかったこともあって役員は辞退し、関西の大会運営だけをサポートするというスタンスで運営に携わっていました。 でも、ある日突然、NHCが“みなしご”になるという危機が迫り、こともあろうか関西の私の事務所にNHC事務局を置くことになりました。

でも、何とかNPO法人格を維持し、 少し辛いときもあったけれど、ご機嫌さんでこれまで事務局を運営してきました。 今は1日1回のホームページ更新が小さな目標です。

私がNHC事務局を引き受けたときの気持ちは、「会員が増えようが減ろうが、 10周年までは自分のできる範囲でがんばってみよう」ということでした。多くの方に支えられてそのモチベーションを保つことができ、 今年10年目を迎えられて少しホッとしています。「やっとここまできたか・・・」 という感じです。

今年はNHC設立10周年を記念し、『NHCへらぶなクラシック』を盛大に開催することが目標です。 NHCへらぶなトーナメントに出場されるみなさん、がんばって出場権を獲得してくださいね。 11月の甲南へらの池で一人でも多くの方に出会えるのが楽しみです。

そして11年目から新たな一歩を踏み出せるように、 今年は次の活動計画をじっくりと立てる1年とします。

01:10