日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2011年5月
« 2011年4月 | メインページ | 2011年6月»

2011年5月26日

新賞品、只今品定め中・・・

冷たくて、HOTな景品を見つけました。

後日、自宅に届きます!

豚角煮

▲国産・元気豚の角煮(200g×3袋)と、肩ロースの煮豚(300g×2袋)のセット。

NHCへらぶなトーナメントは今年から参加費が値下げになりました(3,000円→2,000円)。 春から秋に開催されるレギュラーシリーズ戦の賞品はこれまで「ギフト券」でしたが、 今年から食料など多くの方に喜んでもらえるものを購入して「景品」にすることになりました。

NHCウインターオープンでは景品に肉まんやフルーツなどを購入してきましたが、 夏場はやはり暑さが心配です。特に景品は表彰式まで車に積んだままなので、ホッカホカを通り越して、 アッツアツになってしまうこともあります。

そこで、テストで冷凍食品を景品にすることにしました。大会当日は目録だけ作っておいて、 ゲットした入賞者の自宅に後日配送するカタチです。

コロッケ とんかつ

▲牛すじコロッケと、国産豚モモ・ミルフィーユカツ。

購入先は、「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」 のキャッチフレーズでお馴染みのM大さんです。

実は、ヘラブナ釣り専門誌を発行している某出版社のM社長から、M大さんの営業マンを紹介されました。 M社長とは歳も近く、旧知の間柄で、「オレの学生からの友人で食料品会社に勤めているやつがいるねんけど、 一回会って話し聞いたってくれへんかな」とTELがあり、 「話聞くだけやってらエエで」と答えました(関西弁まるだしなんで、どこの出版社かすぐに分かりますよね)。

後日、M大の営業Sさんが事務局に来られました。 最初は事務局Kが編集しているバスプロ協会の機関誌に広告を打ってお歳暮やお中元商品の販売をしたいとのことでしたが、 いろんな冷凍食品があるので「NHCへらぶなトーナメントの景品にもエエな」と、今回テストで少量を頼むことにしました。

まぁ、食べ物なので好き嫌いもあるだろうし、 品質や味もあるので参加者のみなさんの意見を聞きながら今後も景品を決めていこうと思っています。正直なところ、 景品購入は意外と手間がかかるので、いいアイデアや喜ばれる商品があればぜひアドバイスくださいね。(事務局K)

<P.S>

今回来社された営業のSさんもメチャメチャ釣りが好きで、 釣り談義に邪魔され商談はなかなか前に進まないタイプですが、「釣りが好き」というのも営業ツールになるんですかね?

15:01

2011年5月19日

野釣り大会(白川ダム)プラクティス

本日の最大は38.5cmでした。

2匹釣れる確率は70% !?

P5190025

白川ダムの釣況&駐車スペースが気になって、本日(5/19)プラクティスに入りました。

朝7時に到着すると、六角堂付近は満員御礼状態で10名ほどが並んでいました。 このエリアは常連さんに人気が高く、ここで竿を出そうと思うともう少し早起きが必要です。 フルタイムのリタイヤ組には曜日は関係ありませんからね。

比較的釣果が安定していると管理人の樋口さんから聞いていた西護岸の南端付近(水門近く)は釣り人がまばらで、 水門寄りで竿を出すことにしました。好ポイントの護岸へっちんにはやはり先客がいて、その横に入れてもらいました。

へっちんの方は宙釣りでコンスタントに竿を曲げられ、事務局Kが1匹釣るまでに宙で10匹ほど釣られていました。その名人は午前中で帰られ、「ラッキー!」とその場所に入ろうとしたら同じことを考えていた方がもう一人いたので譲ることにしました。

次にへっちんに入られた方は両ダンゴの底釣りでした。昼近くになると全体に食い渋りましたが、 4~5匹をいいペースで釣られていましたよ。

事務局Kはタナ1本半ぐらいの一発セットで午前中に32~33cmを2匹、 1時30分ぐらいに最大の38.5cmをゲットしました。2匹長寸だと71.5cmです。これだと上位入賞は難しいかな?

宙は浅いタナの方がいいように感じましたが、意外と食い渋った時間帯には底釣りが安定していました。 樋口さんもこの1週間ほどの間に底釣りで40cmUPを2枚釣られたそうです。

大会当日は「底釣りもアリ」かもしれませんね。

P5190019 P5190018

▲グランドの南側にはきれいな水洗トイレと駐車場があります。

P5190024 P5190022

▲チビ白川ダム(下の池)も満員御礼でした。

白川ダムで泳いでしまいました・・・

P5190028 恐怖の突風・・・。

初夏の風を受けてとても気持ちよく釣りをしていたのですが、 仕事をサボって一人釣りを楽しんだバチが当たったのか、2時過ぎに突風に襲われました。一番でっかい釣宝パラソルが風をまともに受け、 釣り台ごと横倒しで水の中へ・・・。胸までべちょべちょになりました。あ~、大会の日じゃなくてよかった。(事務局K)


まえだ釣具店でパラソルをいただきました

 

  P5190034 P5190037

シャツの着替えはあったので、ズボンを少し乾かしてから天理のまえだ釣具店へ立ち寄りました。「これ、 大会で使って」と前田さんから野釣り用パラソルをいただきました。ありがとうございま~す!

P5190036

<まえだ釣具店> 品揃えが豊富で価格も良心的!

奈良県天理市西長柄町381(Tel.0743-67-1023)

21:22

2011年5月14日

恵みの雨

隣の美女に負けないように頑張りました。

室生べらは大雨の後に活性UP!

P5140016

5月14日(土)、ワカサギ孵化事業の後片付けと、今後の打ち合わせで、またも室生ダムへ行きました。 今週の火水木と本当によく雨が降りましたが、室生ダムは適度な濁りが入り、広範囲で2ケタ釣果が上がっていましたよ。 ハタキ場の一軒家で尺半が上がっていたし、名手・アツシ君もコンテナに入り、42.3cmを頭に午前中に16枚。 ポンプ小屋でも44cmを頭に40上が数枚上がっていました。アベレージは36~37cmぐらいで、 墓場下や放流場所に入った方もいい釣りをされていました。

P5140006

事務局Kも常連の皆さんから美味しい話を聞かされ、そわそわして仕事にならず、 午後から夕方いっぱいまで竿を出しました。ここのところ大人気のポンプ小屋を覗いてみたら運よく一席だけ空いていて、 地元名手の日高さんの横でマッシュの釣りをいろいろと教わりながら、マッシュの落ち込みの釣りでついに室生べらを手にすることができました。

P5140013 P5140005

P5140002 P5140010

日高さんが帰られた後に鮒屋の美代さんが入られ、負けないように頑張りましたが、 2人とも5枚でドローでした。 40上は出なかったけれど、どれも背っぱりの尺2寸クラス。そのプロポーションにうっとりしました。

あ~、久々にいい釣りしました。まっしゅ、ましゅ、マッシュの釣りが好きになりそうです。(事務局K)

21:33

2011年5月13日

20年ぶりの出番

ウキ止メを編み付けで作ってみました。

P5130006

最近、野釣りに行くことが多くなって、釣り場でシカケを作るようになりました。 入る場所によって竿の長さやタナがまちまちで、尺数やタナに合わせてシカケを前もって準備していくのが面倒になったからです。

ただ、釣り場で一からシカケを作るのも時間のロスなので、熊谷 充さんが作っておられた「編み付け」 にチャレンジしてみました。

そこで20年ぶりの出番となったのが鮎釣りシカケ用の編み付け器です。 これさえあれば意外と簡単に作れ、「これまで何で編み付けにしなかったんだろう」と思いました。 編み付けた部分を縮めればスムースに移動でき、道糸にはまったく負担がかかりません。反対に編み付け部を伸ばすと、 キュッと止まって絶対に動かなくなります。

果たして、実践ではどうなんでしょうかね。

扇風機にマッシュ餌、編み付け、ステテコ・・・。 今年は昔のいいものを再発見する年なのかもしれませんね。(事務局K)

P5130008

 

00:31

2011年5月10日

初めての2匹長寸

検寸スケールを購入しました。

P5090002

NHC野釣りオープン第1回大会(5/21・白川ダム)は、『2匹長寸』 で競技を行うことになりました。これまで野釣りの大会は「入れかえアリの5匹総重量制」 だったので、「長寸制」は初めての試みです。

今回、長寸制にしたのは、白川ダムが魚保護のためにフラシの使用を禁止しているからです。 管理人に競技ルールを相談したところ「少ない匹数ならフラシを使用してもらってもいいですよ」とのことでしたが、 NHCだけ特別というのも問題があるので『2匹長寸』になりました。

少し競技制は薄れるかもしれませんが、関西にある野釣りクラブの例会などはほとんど長寸制だし、 フラシの使用は少なくなる傾向にあります。どの釣り場も十分に魚を放流できないのが現状で、それだったら 「魚を傷めるフラシでのキープは止めましょう」ということなんでしょうね。

まぁ、検量係の芝原明次大会委員長と事務局Kはいつも1時間ほど早上がりして検量に回っていたので、 個人的には「相互検寸ってエエな・・・」と思います。フラシを洗うのは結構大変だし、大きな荷物が1つ減るというメリットもあります。

NHCへらぶなトーナメントの競技ルールは、「ローカルルールに準ずる」というのが基本で、 極力細かな規制は設けないようにしています。野釣りオープンの競技ルールに関しては、 今回の白川ダム戦が終わってから参加者に意見を聞き、今後の参考にさせてもらおうと思います。

<検寸スケールをお貸しください>

松岡釣具さんで大会用の検寸スケールを2つ購入しました。これだけでは足らないので、 参加選手で正確に測れるスケールをお持ちの方は大会当日にぜひご持参ください。

<できれば魚の写真撮影をお願いしま~す>

野釣りオープンに参加者でデジカメをお持ちの方は、 検寸スケールに魚を置いたところの写真をぜひ撮ってくださいね。「証拠写真」にもなるし、 どんな魚が釣り上げられたのかやはり見てみたいですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※NHCでは「野釣りにチャレンジしたい」という方を募集しています。白川ダムは足場もよく、 竿は12~15尺ぐらいでも十分に楽しめ、野釣り経験がない方にオススメです。NHCでは貸出し用の釣り台を用意しているので、 道具がない方は遠慮なくお申し付けください。(事務局K)

[NHC野釣りオープン第1回・ 白川ダム大会開催要項]

11:48

2011年5月 9日

ハードな1日

A.M → ワカサギの孵化状況をチェック。

P5080017

▲シュロ枠を乾燥中。これで半分です・・・。

5月8日(日)は奈良県・室生ダムへ出かけました。新緑と山桜が眩いほど美しく、癒されました。

午前中は湖に浮かべておいたワカサギ孵化用のシュロ枠回収作業です。孵化の時期は積算温度(240℃) で決まり、平均水温が10℃なら24日、 12℃なら20日ほどで「オギャー~」と産まれます(産声はあげませんが・・・)。

卵を湖に浮かべた4月18~19日の水温は11℃前後、現在は13~14℃。 網走で受精して奈良に届くまでの期間を入れると、順調に育っている発眼卵はもう孵化しているだろうとシュロ枠を引き上げました。 あまりたくさんなので、この日は半分だけで終了。残りはまた来週に回収することにしました。

P5080002 P5080004

▲白くなっている部分が水カビが付着した死卵です。

室生ダムはどちらかというと富栄養湖なので水カビが心配です。やはり半分強ぐらいの卵が死卵で、 白くなって残っていました。網走の卵は最新の孵化装置でも孵化率は3~4割だそうです。きれいに卵が消えているシュロもあり、 それらがうまく孵化していたら、まずまずなんですけどね。でも、結果は今年の秋にならないと分かりません。上手く孵化しても、 1週間以内に1匹のワムシを食べられるかどうかで生存率が大きく変わってくるらしく、 成長するかどうかは神のみぞ知る世界です。

不安な気持ちはありますが、秋の試し釣りが楽しみです。

P.M → 40上を白エサで激釣!の予定が・・・

鮒屋さんでお昼の定食をガッツリ食べてから、午後からは巨べらを狙って出撃です。 室生ダム管理人の大ちゃん(平崎大介さん)にマッシュ餌の醍醐味を聞かされ、この日は麩餌とセット釣りを封印し、マッシュ一本で挑みました。

「ダム湖の釣り」といえば「マッシュ餌」という時代があったそうですが、 最近は麩餌のダンゴやセット釣りがかなり増えてきました。餌や釣り方の選択は自由なのですが、マッシュを好む方は大物派が多く、 落ち込みでズド~ンとウキを消しこむアタリがたまらないそうです。ジャミがハシャがないのもいいみたいですね。

P5080008 P5080010

▲好調だったポンプ小屋周辺。アツシ君はマッシュで40上2枚ゲット!

この日はいろんなポイントを見て回りましたが、ポンプ小屋周辺から本湖の上流エリアが好調でした。 地元高校生のアツシ君はポンプ小屋に入り、40cm UPを2枚もキャッチしたそうで、餌はもちろんマッシュとのこと。 グル~っと湖を一周し、ほとんどの方がマッシュを使用していたのに驚きました。

「ここ最近、マッシュを使う人がまた増えてきてるんですよ」と大ちゃん。 室生ダムは大型狙いに人気があり、マッシュの釣りが楽しめるということでこの釣り場に通う方も多いそうです。

事務局Kは結局「放流場」に入り、夕方いっぱいまで粘りましたが、ジャミのみで終了。 4人で同じエリアに入り、久保一美さんだけ30cm後半を4匹釣られ、残り3人は撃沈でした。

初マッシュの釣りは見ごと玉砕。でも、落ち込みでズド~ンというアタリで40上を釣るまでは、 マッシュの釣りを勉強しようと思います。

P5080009P5080013

▲この日、大ちゃんに教えてもらった餌は、マッシュ[3]+藻べら[0.5]。藻べらはツナギというよりも、 水中で餌が開くキッカケを作るために入れるそうです。

P5080019 P5080015

▲当日の釣り場(放流場)。

帰路は「まえだ釣具店」→ 「サイカラーメン」

P5080020 P5080025 P5080022

室生ダムからの帰路は、桜井を抜けて天理市の「まえだ釣具店」へ立ち寄りました。 5月21日に同市の白川ダムで開催される『NHC野釣りオープン』の告知ポスターを貼っていただくためです。

なかなか品揃えが豊富なヘラブナ釣り専門店で、ご主人はとても気さくな方でした。何か掘り出し物が出てきそうな雰囲気のあるお店で、事務局K好みです。

ご主人には奈良の釣り事情をいろいろと聞かせていただき、「安くて美味しいお食事処」 まで教えてもらいました。

「天理」といえばやはり「彩華(サイカ)ラーメン」ということになりましたが、 このラーメンはお店によってかなり味に違いがあるそうです。西名阪「天理I.C」からR169を少し下り、スーパー(オオクワ) の駐車場にある屋台のサイカラーメンが一番人気とのことでした(もちろんチェックしておきましたよ)。

味は好みがあると思いますが、ピリ辛&ニンニク好きの方にはオススメです。朝イチからよく働き、 疲れていたので「大」をペロッとたいらげました。

白川ダムへ釣行した際は、「まえだ釣具店」と「サイカラーメン」に立ち寄ってはいかがでしょうか。 (事務局K)

 

12:37