日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2010年1月
« 2009年12月 | メインページ | 2010年2月»

2010年1月29日

幻の超大規模全国釣り大会。

ウン千人規模のへらぶなトーナメント。

『Yahoo!基金』に応募しましたが・・・。

昨年の夏、フナさんから「おもしろそうな助成金制度があるよ」とメールをいただきました(※ フナさんとは魚ではなく、NHCメンバーの舟橋さんのことです)。

それは『Yahoo!基金 NPO助成プログラム』です。NPO(非営利団体)などに対して 「インターネット社会の健全で安全で豊かな発展」に貢献する活動に対して資金助成が行われ、 その金額と件数は上限250万円の案件が2件、 同100万円が5件です。

◎ 『Yahoo!基金 NPO助成プログラム』 ←くわしくは、こちら。

「活動分野は問わない」とはいうものの、ヘラブナ釣りとインターネット社会を結びつけるのはとても難しそう。 フナさんは「トーナメント生中継なんて、どう?」とアドバイスしてくれましたが、 ライブ映像だけではちょっとインパクトに欠けそうな気がしたので、あれこれ考えました。

しかし、ない知恵を振りしぼっても何も出てきません。そこで「NHCが大きくなったらやってみたいな」 と以前から温めていた全国一斉へらぶな釣りトーナメント」 にインターネットで可能なサービスを取り入れるカタチで企画をまとめることにしました。無限に広がる可能性があることから、名付けて『NHCへらぶなビッグバントーナメント』です。

その内容は、インターネットを使って開会式や表彰式、ライブ実況を行い、 複数の会場で1つの大会を行うというものです。当然ながら釣り場によって魚のサイズが違い、コンディションもまちまちなので、 「自分の釣り上げたウエイト」÷「平均ウエイト」、または「自分のウエイト」÷ 「1位のウエイト」 などといったカタチで釣果ウエイトをポイントに換算し、 釣り場に関係なく獲得ポイントで順位を決めるという競技ルールです。 見えない相手とも戦わなければならない一風変わった全国大会で、これならウン千人規模のトーナメントも可能です。 今のNHCの規模だと到底無理ですが、100人の大会を100ヵ所で開催すると、1万人の大会を同時に開催できます。

このビッグバントーナメントのことを長年の仕事仲間であるイベント会社の社長に酒を飲みながら話すと、 酔いが回っていたのか「とてもおもしろい企画だよ!」と太鼓判を押してくれ、 「これは250万はいただいたかな。 わるくても100万円!」と、トラタヌしてしまいました。

そして月日は流れ、審査発表の1月がやってきました。実は仕事が忙しくて応募したことすら忘れていましたが、 ヤホー基金さんからのメールで再び頭の中で諭吉さんが宙に舞いました。「決まったか!」 と期待に胸を膨らませてメールの中味をチェックすると・・・、

誠に残念ではございますが、貴団体におきましては審査を通過するに至りませんでした。」 の一文・・・。

ガ~ン、またも落選。しょぼ~ん。 諭吉さんが新聞紙に変わりました。一昨年の『子どもゆめ基金』に続いて、助成金申請2連敗です。

でも、「このビッグバントーナメントはいつか開催したいな~」と思っています。そのときは皆さん、 ご協力をお願いします。NHC東北・関東・関西の3地区でこじんまりとテスト開催してみるのもいいかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎皆さんは「NPO法人」をどう思われますか?

(ここまらはマジメな話です)

事務局KがNHCの事務局の仕事を引き継いだたとき、 正直なところNPO法人の運営が大きな負担でした。決算報告にもともなう運営費用がかかるだけでなく、所在地の大阪府や法務局、 税務署などへの申請や届出も、慣れない者にとってはゲップが出るほど面倒です。

ただ、今回の助成金応募は失敗に終わりましたが、 自治体や教育委員会がNHC釣り体験教室に後援をいただけるのもNPOの法人格を取得していることが大きいし、 これからもさまざまな活動を広げるチャンスがあるのではと法人格を持ち続けています。

でも、現時点ではNHCメンバーの年会費の半分近くを法人の運営費として使っているので自分自身「?」と思うこともあります。 例えば任意団体であれば、その予算を大会の賞品に回すこともできるし、釣り教室の貸出し道具を購入することもできます。 もう少し会員数が増えれば解決することなのですが、現在の規模で会費の有効利用ということを考えると「これでいいのだろうか?」 という方もおられるかもしれません。

NHCはメンバー全員が自由に意見できる組織にしたいので、会の運営に対しても苦言、 提言をお待ちしています。(事務局K)

 

22:19

2010年1月26日

オメデぶな!?

“TaNaKa”さんが超美べらをGET!

「NHC関東の運営スタッフ“TaNaKa”さんが大きな美べらを釣り上げた」と I 塚さんから写真が届きました。

これはオメデ鯛じゃなく、オメデ鮒です。

さっそく“TaNaKa”さんにオメデトーメールを送ると、

「独身の自由さもいいですが、家に帰ると電気が付いていて賑やかなのもGoodですね!」 と、返事が返ってきました。九州から上京しての一人暮らしだったので、 その気持ちはよ~く分かります。

「写真は恥ずかしいので小さくしてください」ということだったので、小さくUPしました (クリックすると大きくなりますが・・・)。

9e659b36005fa93edb04dca68d24b2a0 photo

今シーズンはNHC関東に新しいレディースメンバーが増えるか、それとも“TaNaKa” さんの足が釣り場から遠のくのか、関東シリーズから目が離せません。

結婚生活は最初が肝心。「オレにとって釣りは仕事だから」 とズバっと言えるかどうかでこれからの釣行回数が大きくかわってきます。ボクが“TaNaKa”さんだったら、 3年は釣りに行きませんけどね。

まぁ、「釣った」か「釣られた」かは知りませんが、迷うことなく一生“キープ”でお幸せに。 フラシの穴あきにはご用心・・・。(事務局K)

23:11

2010年1月 1日

新春メッセージ2010

A HAPPY NEW YEAR!

明けましておめでとうございます。

「NHCメンバー」&「NHCオフィシャル」からの新春メッセージです。

IMG_1017

■NHC中国支部隊長

中島 忠

皆様、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

昨年末にまたまた転勤で山口県へ移動となりました。 部署もかわったことでこれまでのようにNHCの大会に参加できないかもしれませんが、 時間と資金のタイミングが合えばスポットで参加したいと思います。

こちらは近場に管理釣り場がまったくないので、 暖かくなったらダムや野池を中心にへら釣りを楽しもうと思います。海釣りにはとても恵まれた土地なので、 お近くにお越しのときは、ぜひ一度、おいでませ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・

IMG_8477

■NHCヘラブナ釣り体験教室・第1期生/ '09NHC関西第3戦優勝

若林真也

新年明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろとお世話になりました。私の釣り人生を変えたへらぶな釣り、そしてNHCに感謝しております。

2010年は寅年、私は年男です。今年はさらなる飛躍を目標に、 そしてNHC活動の力になれるようにがんばりますのでよろしくお願い致します。

今年は少しおしゃべりも控えます(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・

PC230437

■NHC関東シリーズ運営スタッフ & エース

田中 哲

新年あけましておめでとうございます。

昨年は初めての運営ということで色々と皆様にはお世話になりました。

今年は一選手としても・・・頑張りたいと思います!

メンバーの皆さん色々とご教授お願い致します。

愉快な仲間たちが増えるようなトーナメントになるようにNHCをみんなで盛り上げていきましょう。

個人的には「勝負師」募集です(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・

file_20090922T191009812[1]  

■NHC関東シリーズ大会委員長 & ホープ

鈴木良太

あけましておめでとうございます。

今年は運営2年目ということもあり、参加してくださる皆様がより楽しくなるよう、 がんばりたいと思います。

運営ながら参加もしてますので、個人的な記録も、伸ばしたいと思います。

本年も、よろしくおねがしいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・

下野

■NHC関西シリーズ大会委員長

下野正希

明けましておめでとう。

昨年もいろいろな釣りを楽しみ、各方面のトーナメントに可能な限り出場した。結果はさまざまだけれど、 1年間を通して管理釣り場のヘラブナ釣りが最低だった。クラブの例会やNHC、メーカーの大会など、そのどれもが最下位に近い成績ばかり。 だけど自分なりに楽しい時間を過ごすことができた。

 

管理釣り場の釣りは「そこにいる魚をどう釣るか」なんだけど、どう楽しむかは人それぞれ。 その時に一番釣れる釣り方に合わせるのもいいし、自分のやりたい釣りでどれぐらいの結果が出るのかを試してみるのもいい。また、 仲間とワイワイ楽しめるのもヘラブナ釣りのいいところだろう。

 

昨シーズンは自分のガイドのお客さんを誘ってヘラブナ釣りへよく出かけた。 この釣りは初心者でもきっちりとアドバイスを受けるとそれなりに釣れるようになるし、釣りが好きな人ならすぐにハマってしまう要素がある。 小さな囲いの中での釣りだけれど、これが結構おもしろい。

 

どんな釣りでもそうだけど、ぜひ自分流の釣り方、楽しみ方を見つけてほしい。 また違った世界が見えてくると思うよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・

file_20080930T005218531[1]

■NHC事務局

岸 裕之

本年もよろしくお願いしま~す。

今年は「年男」です。やっと36歳と言いたいところですが、48歳です(まさやんより若く見えるでしょ?)。 次の寅年には赤いチャンチャンコを着ているのかなと考えると、「人生って短いな~」と思ってしまいます。

まぁ、焦っても仕方がないので、老後に仲間とワイワイ楽しめる“遊び場” を作るため、 今年もコツコツと励みます。

最近は体力が落ちてきたせいか、バスボートに乗りたいとも思わなくなったし、 海のジギングに誘われてもイマイチ気分が乗らなくなりました。以前はこう見えても体育会系の釣りや、 離島の釣りが好きだったんですけどね。

自分の老後をマジで考えると、やっぱりフルタイムの『へらプロ』が一番かな。 今年もみんなで、 ほんの少し将来のことを考えながら、ガンガン釣りを楽しみましょう

01:26