日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2008年6月
« 2008年5月 | メインページ | 2008年7月»

2008年6月26日

7尺竿がぞくぞく誕生!?

『水彩240』をチューンしてみました。

う~ん、なかなかいい調子の7尺竿完成!

IMG_1055

5月の釣り体験教室で竿が3本折れてしまいました。すべて穂持ち(2番)の付け根あたりで、 タテには裂けていなかったため修理することにしました。

修理といっても超カンタン。折れた付近をノコギリできれいに処理し、 折れた穂持ちの尻から穂持ちの先っちょを入れるだけです。振り出し竿の応急処置方法なので、釣り場で竿が折れたときにやってみてください。

実はこの“応急処置”ですが、 鮎竿のチューニング方法として一部の名人たちの間で流行した時期がありました(かなり前ですけどね)。一番最初にやったのは、 友釣り界のドン・故 諏合正一さんでした。諏合名人は那珂川をホームグランドとし、瀬から鮎を豪快に抜く“ツバメ返し” は天下無敵と呼ばれていました。その釣り方からどうしても竿にパワーが欲しくなり、硬くしたい箇所をぶった切ったのです。 そして逆から抜いて二重になる部分が節の役割を果たしてパワーアップ。「これが同じ竿?」って思うほど、激流で扱いやすい竿に変身しました。 その当時は今よりも鮎竿の値段が高く、40~50万円もする竿を平気で折ってしまうのは諏合さんと村田 満さんぐらいでしたけどね。

事務局Kはその昔…、15~20年ほど前に鮎釣りのビデオを作りまくっていた時期がありました。 ロケとロケハンで夏期の半分ぐらい川にいた年もあったかな。今やお笑い芸人としてもその名が知られるようになった村田 満さんをはじめ、 たくさんの鮎釣り名人に出演していただいたのですが、その中でダントツで格好よかったのが前述の諏合正一さんでした。釣りのスタイル、 ファッション、人柄、そのすべてが周囲の人をシビれさせました。

男が惚れる伝説の釣り名人・ 諏合さんのチューニング方法で修理した水彩240(改)の出来ばえはいかがなものでしょうか。竿を修理しながら、 ふと諏合さんのことを思い出しました。(事務局K)

01:32

2008年6月24日

信楽に行ってみませんか?

釣りの帰りに信楽でショッピングゥ~♪

223_2370

関西シリーズ開幕戦会場の「甲南へらの池」はタヌキの焼き物でおなじみの信楽のすぐ近くです。 タヌキ以外にもいろいろあって、NHC事務局では昨年、メダカ観賞用にでっかい睡蓮(スイレン)鉢を購入しました。 ネットで捜すよりもいいものが見つかりましたよ。窯元も見学できるので、時間があるときに寄り道してみてはいかがですか。


話はかわりますが、実は…、写真の真ん中にいる本物のタヌキがNHC事務局のTさんです。 最近は犬がお父さんになったり、猫が駅長になったりする時代なので、タヌキが釣りクラブを運営していても不思議ではありません。 Tさんは大会用のポスターやタテを製作したり、会員管理をしているカゲの事務局長です。

上位入賞者のみなさん、賞品券が木の葉に化けるかもしれませんよ。(事務局K)

223_2362 223_2363

交流戦はもうちょっとやったのにな~。

23:48

2008年6月22日

新松池大会はビッグフィッシュ賞あり!?

関西トップの大型へら管理釣り場で

NHC関西シリーズ第2戦を開催!

IMG_1042

NHC関西シリーズ第2戦(7/21)の会場『新松池』へ行ってきました。 この釣り場でNHCトーナメントを開催するのは今回が初めてなので、ご主人にあいさつしてきました。

NHCの活動趣旨や活動内容をご主人の赤松陸生さんに説明すると、「エエことしてはるね。 うちも年配の人が多いんで若い人を増やしていかんとアカン」と、NHCの活動に賛同 してくださいました。

IMG_1043

この日(6月21日)はあいさつだけではもったいないので当然ながら竿を出しました。 午後からの釣りで10枚ちょっと。なかなか厳しい釣りになりましたが、型ぞろいで楽しめました。上がってくるヘラはすべて30cm以上で、 まあまあのサイズかなと思う魚にハリスピッタリを当ててみたら37cmでした。

■38cm以上はキープできない規則が…

この新松池の魅力は何といっても魚のサイズがデカイことですが、 赤松さんは魚の管理にとても気を遣っておられます。特に細かい規則はないものの『38cm以上はフラシに入れられない』というのがこの池の“掟” です。

だから38cmの大物を釣ったらノーカウント…、なんて言ったら涙目になりそうな選手がいそうなので、 38cm以上の魚が釣れたらその都度検量することにしました。1匹1匹ウエイトを量るので『ビッグフィッシュ賞』 を設けるのもおもしろいかもしれませんね。選手の皆さん、“サンパチ越え”を期待してますよ。(事務局K)

23:07

2008年6月 6日

全日本釣り団体協議会の総会に出席。

釣り人の団体が全国各地で活動しています。

IMG_0927

NPO法人日本へらぶなクラブは平成19年度に(社)全日本釣り団体協議会に入会しました。 この団体は国が公的に認める唯一の釣り人の団体です。釣り場の環境保全や整備、安全、資源保護等に関係する諸官庁(水産庁・環境省・ 国土交通省・海上保安庁)や都道府県など、行政と釣り人を繋ぐ役割を果たしています。

健全なレクリエーションとして釣りを普及させることを目的に『公認釣りインストラクター』制度を設け、 さまざまな活動を行っています。全国各地で釣り教室の開催を推進していくことや、 SOLAS条約で立ち入り禁止区域となった港湾の開放に向けての活動計画などが5月29日に東京で開催された総会で発表されました。

全釣り協の活動や、インストラクター制度に関心がある方は同法人のホームページをご覧ください。

(社)全日本釣り団体協議会

IMG_0933

▲表彰されたインストラクターの皆さんと、菅 義偉会長(前総務大臣)。


■やっぱり行政や自治体とのパイプは大切…

全釣り協のこととは関係ないんですが、5月下旬に2人の知人から「管理釣り場の運営委託話」 を聞かされました。

1人は群馬県でショップを経営され、日釣振の理事を務めるKさんからでした。国交省の「農地防災事業」 の遊水池を釣り場として利用する計画についてです。現在は県が工事をしていて、 完成してからは太田市の管理となり、実際はしっかりとした団体に維持管理を外部委託することになり、Kさんが引き受けることになりました。 遊水池を防災の不測の事態のときだけ利用するのはもったいないということで、釣り場として利用することになったそうです。 残念ながらこの池はヘラブナの管理釣り場ではありませんが、Kさんは 『ちびっこ釣り場を作るんだ』と熱く語ってくれました。

この農地防災事業の遊水池の利用はこれが全国で始めてのケースらしく、 ぜひとも成功させてもらいたいものです。釣り場としての完成は2年後になるそうですが、とてもワクワクする話ですよね。 また機会があれば詳しく取材して報告します。

そしてもう1人の管理釣り場話は、千葉県の釣具量販店を経営しているこれまたKさんからです。 こちらはまだ具体的に話が進んでいないのですが、既に営業している市営のヘラブナ釣り場についてでした。 その釣り場の運営を市側が外部委託しようと検討しているそうで、Kさんから「もし話がうまくまとまったらやるべきかな?」と相談され、 「採算がとれるならヤルべきだ」と私は迷わず答えました。

NHC事務局がある関西では釣り場がどんどん減少し、スパイラル的に釣り人の数もジリ貧状態です。 その一方で関東ではこんなオイシイ話が地元の自治体からいただけるなんて、関西のヘラ師の1人としてうらやましい限りです。 管理釣り場の運営がビジネス的にオイシイかどうかは別として、釣りの世界を盛り上げるには1にも2にも釣り場アリキですからね。

やっぱり行政や自治体とのパイプは大切だな、と痛感している今日このごろ。 もう少し各方面に向けてアンテナを張らなくてはオイシイ話もキャッチできません。釣り協の活動への参加は、 行政から発信されるいろいろな情報を収集する意味でも大切だと考えています。(事務局K)

17:39