日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2008年5月
« 2008年4月 | メインページ | 2008年6月»

2008年5月24日

ヒューマン生に熱烈指導

エサ作りの基本を伝授。

ヒューマンFカレッジ・管理釣り場実習。

IMG_0911

5月23日(金)、釣り専門教育機関『ヒューマン・フィッシング・カレッジ大阪校』 の管理釣り場実習が貝塚市の「水藻フィッシングセンター」で開催されました。今回は「ブラックバス・コース」と「ヘラブナ・コース」 を学生が自由に選択でき、管理釣り場の釣りを学ぶ特別授業です。やはり若い世代にはバスフィッシングの人気が高いのですが、 NHCヘラブナ釣り体験教室などを通じて最近ヘラブナ釣りを始めた学生も多く、ヘラブナ・ コースには10名が参加しました。

IMG_0901 IMG_0921

「せっかくヘラブナ釣りを始めたからには、 基本をしっかり学んでこの釣りのおもしろさを知ってほしいな」と、当日はMFCシャインの大伴茂保さん、山田欣史さんが熱血講師を務め、 マルキューの楓さんも応援に駆けつけてくださった。

IMG_0904 IMG_0914

当日のテーマは「短竿・チョーチン・両ダンゴ」です。平日で魚が涌いてくるような状態のときに、 しっかりとタナまでエサを持たせ、ウキをなじませる、ということからとりかかりました。ベースのエサをまず作り、粘るエサ、重いエサ、開く(バラけやすい)エサなど、その状況に合わせていくエサ作りの基本を学びました。

IMG_0907 IMG_0918

午後からは2時間のトーナメントを開催。実際にフラシを使用しての総重量競技です。 魚が多くてスレ掛かりに悩みながらも、全員がヘラブナをコンスタントにキャッチ。采尾悠平くんが12.2kgで優勝しました。

IMG_0925 IMG_0926 IMG_0910

学生たちは終了の4時までミッチリとヘラブナ釣りを満喫。講師の方々は「こんな学校、楽しすぎる。 やり直せるもんならオレも入学したい」と言っておられました。学生の皆さん、またヘラブナ釣りの授業があれば応援に行くからね。(事務局K)

15:24

2008年5月 8日

第5回NHCヘラブナ釣り体験教室報告!

空は五月晴れ、ヘラブナは大漁。

釣りファンがぞくぞく誕生!

IMG_0537

◎開催日:2008年5月6日(火・祝)

◎会場:水藻フィッシングセンター(大阪府貝塚市)

◎主催:NPO法人 日本へらぶなクラブ

◎後援:財団法人日本釣振興会大阪府支部

◎運営協力:MFCシャイン/播本節海氏他、インストラクターの皆さん

◎協力:がまかつ/グラン/サンライン/谷山商事/デュエル/東レ・インターナショナル/松岡釣具(MFC)/ マルキュー/明邦化学工業/モーリス


<第5回・NHCヘラブナ釣り体験教室・ 参加者データ>

 

     生徒総参加者52名 (女性12名)

     インストラクター31

父兄や付き添いの方を含めると総勢100名近くになりました。

 

<生徒52名の内訳>

大 人:16

子ども:23名 (小・中・高校生)

学 生:13名 (専門学校生)

IMG_0498

IMG_0476   IMG_0526

バスプロの下野正希さんもこの日はヘラブナインストラクターです。


参加者の皆さんは「いや~、ヘラブナ釣りってカンタン!」って思ったんじゃないですか?  今回も不思議なくらいよく釣れました。 NHCヘラブナ釣り体験教室の日はいつも大漁です。

この釣り体験教室は今回が5回目で、回を重ねるごとに参加者が増えてきました。今回の参加者は52名。 ファミリーで参加の方が約50%、今回は釣り専門学校「ヒューマンフィッシングカレッジ」の学生が13名、 普段はバス釣りを楽しまれている方を中心に、一般の方もたくさん参加してくれました。

他の釣りの経験がある方はすぐにコツをつかみ、午前中に10匹以上釣られた方もたくさんいました。 教室の最後に開催するミニ釣り大会は子どもだけじゃなく、大人もエキサイト。釣り大会では魚を釣った方から順番に賞品がもらえる 「早釣り競技」と、釣った魚の大きさを競い合う「一匹長寸競技」を行いました。「余るんじゃないの?」 と思うほどたくさんの賞品を用意しましたが、ちょうど大会終了するころに賞品がなくなりました。

IMG_0500 IMG_0464

↑今回もたくさんのお菓子を持って参上した大伴茂保さん。

■大物賞(36.5cn): 稲田佳奈美ちゃん

この日は35cm前後が多く、大物賞レースはデッドヒート。 この日最大のヘラブナ36.5cmを釣り上げたのは、大阪市から参加の稲田佳奈美ちゃん(7歳)でした。この感動を忘れずに、 10年後も釣りを続けてもらえるとサイコーにうれしいです。

教室は午前中で終了ですが、8割ぐらいの方が午後からも釣りを続行。最初は上のハリにバラケエサ (ダンゴ)、下のハリに小さな食わせエサを付けるセット釣りからスタートしましたが、 この日は魚の活性が高かったので午後からは両ダンゴ釣り(上・下のハリにダンゴエサを付ける方法)でたくさん釣っている方が目立ちました。 ヘラブナ釣りの基本は当日に配布した釣りマニュアル『ビギン』に書いてあるので、ぜひ、再チャレンジしてください。

IMG_0528 IMG_0511

では、当日のスナップです。

IMG_0403 IMG_0406 IMG_0407

IMG_0430 IMG_0437

IMG_0434 IMG_0422

↑倉本兄弟には、トーナメンターの中道将浩さんと佐古口行隆さん、 それに第1回の教室参加者の若林さんがガンガン釣らせていました。

IMG_0412 IMG_0448

↑「あみ」さんと、「ぃよ」さん。新へらドル誕生です。世話係の期待のホープ・葛西 涼さんと、 バスプロの前山智孝さんです。

IMG_0413 IMG_0414

↑太郎くんは今回で2回目の参加。イケメンインストラクターの小林利規さんの指導で絶好調でした。太郎くんは時の人、 オバマ氏に似ているので将来有望!? ラングイッジはもちろんバリバリの関西弁です。

 IMG_0421 IMG_0424

IMG_0427 IMG_0439 IMG_0446 IMG_0449

IMG_0452 IMG_0453

IMG_0456 IMG_0462

IMG_0460 IMG_0494 IMG_0493

↑福田高士さんも同僚のファミリーと一緒に参加してくれました。

IMG_0467  IMG_0474

IMG_0471IMG_0469 

IMG_0481 IMG_0485

IMG_0487 IMG_0488

IMG_0491 IMG_0498IMG_0546

■もっと上達したい方へ

関西で開催される次回の『NHCヘラブナ釣り体験』は9月に予定しています。 まだ1人で釣りに行くには心配だという方は、次回もぜひご参加ください。マイ道具がすべて揃って上達した方は、 今度はインストラクターとして教室の運営にご協力くださいね。

それとこの釣り体験教室の運営をサポートしてくれている『MFCシャイン』という釣りクラブでは、 毎月第3日曜日に例会を行っています。会員以外でも気軽に参加でき、貸し道具などもそろっているので、 近くの釣り場で例会があるときは参加してみてはいかがですか。ホームページから申し込みや問い合わせができるし、 今回の教室レポートもアップされているのでホームページをクリックしてみてください。

MFCシャイン

水藻フィッシングセンター

 

14:59

2008年5月 4日

へら釣りタックル大発見!?

竿掛けの数が2倍になりました。

今、NHC事務局には竿掛けが30本あります。すべて丈夫で長持ちのスノーピーク社製「へら竿掛」 です。振り出し2本継ぎで、長さを自由に調整できるタイプです。

5月6日の釣り体験教室には定員の50名を越す参加申し込みがありました。 自前の道具を持参される方もおられますが、今回も少し道具が足りなくなりそうなのであちこちで借りてきての開催です。

昨晩、教室の準備のため竿掛けの数をチェックしているとき、「釣り教室は短い竿しか使わないので、 竿掛けは1本物でいいのにな…。その方が軽いし」と思ってジョイント部のネジを緩めて力強く引っ張ると2本になりました。 アルミパイプ製なので2本ともかなり頑丈。竿掛けを固定する万力はどんな太さでも合わせられる優れモノなので、 一挙に竿掛けの数が2倍の60本になりました。先チョの枕(竿を置くところ)は30個のままなので洗濯バサミで代用。 財政難のおりの大発見で、昨晩はうれしくて眠れませんでした。あとは奥さんにバレないように洗濯バサミを少しずつ拝借するだけです。

IMG_0402

万力はスノーピーク社製の「ニューチャーム」と、マルエム社の「ミニチャー」 の2種類を使っていましたが、どちらも頑丈だけど金属製なのでヘビーウエイト。そこで今回はマルエム社のABS樹脂製の「ミニスターライト」 (写真・右)を5つ購入してみました。少し耐久性が心配かな、とも思いましたが、軽くて価格の安さが魅力でした。まぁ、 3つともこれからヘラブナ釣りを始めたいという方にはピッタリのエントリーモデルです。

IMG_0400

最近はすっかりエコノミーモデルにくわしくなったので、 購入でお悩みの方は私になんでもご相談ください。(発明家&エコノミータックルアドバイザー・事務局K)


 

<P・S>どなたか万力を2倍にする方法を教えてください。

22:24

2008年5月 3日

ヘラブナ釣り体験教室のいい話

NHCヘラブナ釣り体験教室が(財)日本釣り振興会から後援いただけることになりました。

さぁ、今年最初の『NHCへらぶな釣り体験教室』が近づいてきました。 スタッフも釣り教室の運営に慣れてきて、今回は準備はバッチリです。

今のところ5月6日の天気予報は晴れマークが付いていますが、前日が雨模様なので少し心配です。 最終判断は前夜の7時までに行いますので、天気が崩れそうだったらホームページをチェックしてください。

それと、うれしい情報が2つあります。

『NHCヘラブナ釣り体験教室』が財団法人日本釣り振興会大阪支部から後援いただけることになりました。 この公益法人は釣りの普及や環境保全活動をしていて、釣り人の間では「日釣振(にっちょうしん)」と略されて呼ばれています。 釣りに関するさまざまな活動をしているので、あまりご存知でない方はホームページをチェックしてみてください。

こいつを参加者全員にプレゼント!

IMG_0398

もう1つのいい話は、今回の教室参加者には豪華な参加賞があるという情報です。

今回は参加人数が予定より少しオーバーしそうなので、 不足の品を揃えようと昨日、釣具問屋の谷山商事さんへ行きました。 「今回も子どもの参加者が多くて、なんか…子どもが喜びそうな…ものがありましたら…」とN谷さんに相談したら、「エエのんあるで」 とご用意してくださったのが『折りたたみスプリットリングプライヤー』です。ナイフにライト、ノコギリ、 栓抜きなどいろいろ付いている便利グッズです。

他にもいろいろな賞品を用意しているのでお楽しみに!

(事務局K)

 

19:35