日本ヘラブナクラブ

ホームNHC事務局だより > 2007年2月
« 2006年12月 | メインページ | 2007年3月»

2007年2月11日

国際Fショー(横浜)に行ってきました。

大阪のフィッシングショーでは、入場者数が8%増えました。関係者にはちょっぴりうれしいニュースです。そしてその1週間後、2月9~11日にパシフィコ横浜で「国際フィッシングショー」が開催されました。こちらはヘラブナ釣り関連の展示も多く、いろいろと楽しめましたよ。


<つり人社・ブース>

IMG_4792.jpg

わが国で最も歴史がある釣り雑誌社「つり人社」のブースです。DVD付きヘラブナ釣りマガジン「ボーバー」は、ライトな感覚でヘラブナ釣りの世界をとらえ、じわじわと部数を伸ばしています。小ちゃな文字が苦手というシニアにはDVDが好評とか。
広告営業のご担当、塚本哲也さんが営業活動に精を出されてました(たぶん)。身体に似合わず繊細な釣りが得意な塚本さんは、ここ数年はメキメキとヘラブナ釣りの腕前を上げているNHCのメンバーです。

<メガネの坂本・ブース>

IMG_4795.jpg

IMG_4797.jpg

http://sakamoto-t.co.jp/

ヘラブナ釣りのメッカ・埼玉県の北本市に店舗を構える「メガネ・時計・宝石の坂本」ブースでは、バスプロのSHINGOさんと坂本健博さんが偏光レンズの解説をされていました。オリジナルの「α‐sight」偏光レンズはバスファンにはお馴染みですが、ヘラブナファンからもにわかに注目を集めています。そこで新たに開発されたのが、逆光の眩しい太陽光線をカットして、十分な明るさでビミョ~なウキの動きをとらえられる「ポイントビュー」です。コイツをかけると、きっと冬のギラギラ逆光が大好きになるハズです。


<伝統工芸品コーナー>
IMG_4788.jpg

伝統工芸品コーナーでは、紀州の銘竿がズラリと並んでいました。たくさんの竿師さんから直に話を聞けるのも、国際フィッシングショーならでは。道具に対する思い入れは人それぞれですが、宝くじが当たれば全部買い占めたいぐらいです。
「竹の繊維は化学繊維よりも耐久性が高く、手入れがいき届いていれば30年は十分に使えますよ」という甘いセールストークに誘われて、事務局Kも必死のヘソクリでちびちびと揃えています。でも最近、ひとつのことを悟りました。ヘタッピが竹竿を使うと、上達が遅れます…。

12:18

2007年2月 2日

フィッシングショー大阪・プチレポート

2月2日からフィッシングー大阪がスタート。初日は業者日で、3・4日が一般公開日になります。NHCの活動にご協力いただいているスポンサーのブースを回り、ごあいさつ方々、新製品をチェックしてきました。

<がまかつ・ブース>
IMG_4780.jpg

「天也翔抜」「凛刀」とヒット作を連発させた「がまへら」の新作は「紫峰天月」。切れ味鋭く、がんがん引ける凛刀に比べ、紫峰天月は繊細ながらしっかりと胴でタメがきく本調子。釣り味はベリーデリシャスだそうです。また、なかなかグッドなデザインの竿掛け・たもの柄「華眺」も並んでいました。
竿を持つのは製造部の藤村昌弘さん。知る人ぞ知る、がまかつのスーパーテーパーデザイナーなんですよ。最近はへら竿に力を注いでいます。

<サンライン・ブース>
IMG_4763.jpg

「パワード」でおなじみのサンラインから今年新たにリリースされる「野づり道糸」と「野づりハリス」。野べらの強引に耐えるタフな設計がウリです。道糸は0.8号、ハリスは0.4号が最も細い号柄だが、「衝撃に強いラインなので初心者にオススメです」と営業の「どーもくん」こと中島 忠さん(写真・右)が熱く語ってくれました。中島さんはNHCの発足当初からのメンバーです。

<谷山商事・ブース>
IMG_4782.jpg

谷山さんといえば、メーカー部門のバレーヒルが好調で「ルアーに強い問屋さん」というイメージが強いが、へら道具の老舗中の老舗なのです。「スーパーNOVA」をはじめ、オリジナル商品も充実。NHCの活動にもご理解いただき、昨年度はNHCへらぶなクラシックにもご協賛いただきました。今年はへら釣りタックルの取り扱い商品を増やしていくとのことで、楽しみです。写真はいつもお世話になっている仲谷英樹さんです。

<東レ・フィッシング・ブース>
IMG_4765.jpg

人気の「将鱗へら」に「スーパープロ」シリーズが新たに加わりました。「スーパープロPlus」はナイロン、「スーパープロFluoro」はフロロ素材。どちらも道糸とハリスがあります。最新カタログには、伊藤さとしさんのナイロンとフロロの使い分けレポートが掲載されていました。写真は取締役営業部長の小川陽久さんと、ホープの山下誠必さん。小川部長にNHCトーナメントに出てくださいとお願いしたら、これにも出てよ、と「2007東レ将鱗へらぶなカップ」の参加申込み用紙を渡されました。

<マルキュー・ブース>

IMG_4769.jpg

マルキューが誇る強力コンビ、戸井田祐一さんと静野圭一さんが持っているのは、3月発売予定の「新底(しんそこ)」です。フェロモン系特殊誘引剤ウルトラバイト・アルファを配合した底釣りエサで、真冬でもかなりウキが動くとか。フィッシングショーでひと足先に触れますよ。NHC事務局からひと言「もうちょっと早く出してよ」
バッグ関連もニューアイテムが追加されていたので、要チェック!

17:05